ComputerWeekly 日本語版

TechTarget

新着記事カテゴリ

ガバナンス 新着記事

news05.jpg

システム障害を止められないのはなぜ? 知っておきたい「認知のわな」

システム障害が大惨事につながってしまう原因はどこにあるのか。システムの安全性を確保したいのであれば、人間の心理についても知ることが重要だ。認知バイアスのメカニズムを理解しよう。(2024/06/10)

news04.jpg

敵はハッカーだけじゃない セキュリティ担当者が陥る「燃え尽き症候群」の闇

ランサムウェア攻撃に対してシステムを守るのが重要なのは当然だが、経営者は従業員が深刻なダメージを受けていることも忘れてはいけない。独自取材で浮き彫りになった、ランサムウェア攻撃の影響とは。(2024/06/10)

news04.jpg

VMwareの「ライセンス変更」を批難する人と喜ぶ人、それぞれの考え方

BroadcomがVMwareを買収したことを受け、VMware製品のライセンス体系が大きく変わることになった。この変更を有意義に感じている人がいれば、理不尽に感じている人もいる。それぞれの意見とは。(2024/06/05)

news05.jpg

「VMwareライセンス」は何が変わった? 教育現場を悩ませる“コスト増”の原因

BroadcomのVMware買収の影響が教育機関に及んでいる。ベルギーのルーベンカトリック大学も影響を受けた機関の一つだ。どのような変更があり、教育現場をどう苦しませているのか。(2024/05/30)

news08.jpg

「VMwareライセンス変更」でユーザーはある現実に直面 Broadcomの思惑は?

VMwareの買収に伴って、同社製品のライセンス体系が大きく変わった。一部のユーザーは新しいライセンス体系にメリットを見いだしているものの、懸念する声も上がっている。変化の意図と、ユーザーの声は。(2024/05/29)

news02.jpg

Microsoft 365から「Teams」が消えても“あの問題”はなくならない?

Microsoftは「Microsoft 365」「Office 365」から「Teams」を切り離して提供する方針を全世界に拡大させた。この措置にはある狙いがあるものの、根本的な問題はなくならないという見方がある。(2024/05/25)

news10.jpg

「ITエンジニア」になりたがらない女子生徒の本音

技術系キャリアを検討する女子生徒は増加傾向にあるものの、全体的に見た割合は十分ではない。IT分野が女子生徒から敬遠されてしまう理由とは。(2024/05/23)

news07.jpg

「VMwareライセンス費用の増加」に悲鳴 “買収の余波”が教育現場にも

BroadcomによるVMware買収に伴い、教育機関がVMware製品の実質的な値上げに直面している。VMware製品の代替製品を検討する余裕がない非営利団体の事例を紹介する。(2024/05/23)

news03.jpg

AWSと英内務省による「前代未聞のクラウド契約」に業界が震えた訳

英国内務省とAWSが2023年末に締結したサービス契約の内容が、専門家の間で議論を呼んでいる。内務省には、プロジェクトに従事するAWS担当者を審査する権限がないためだ。どういう背景があるのか。(2024/03/14)

news10.jpg

AWSと英内務省による「謎のクラウド契約」に衝撃が走る その実態とは?

英国内務省が2023年末にAWSと締結したサービス契約料金が「今までにないほどの額」に達していることが、専門家たちの注目を集めている。(2024/03/08)

news11.jpg

転職IT人材に必要なのはスキル、あれはもう要らない

コロナ禍でIT人材の獲得競争が激化し、いまだ収束の兆しは見えない。企業が重視しているのは、スキルの高いIT人材の採用と定着だ。アナリストの視点から、採用市場の今を考察する。(2024/03/06)

news12.jpg

英国内務省とAWSの「4.5億ポンドの契約書」に含まれていた“危うい一文”とは

英国内務省が2023年末にAWSと締結した3年契約は4.5億ポンドもの大型案件だった。政府が公開している契約書の内容と経緯が、専門家の間で議論を巻き起こしている。(2024/02/29)

news03.jpg

データセンターの「UPS」でまさかの大惨事に? バッテリーで何が起きるのか

データセンターでバッテリー電源搭載のUPSを使用する場合は、火災リスクに留意する必要がある。大量のリチウムイオンバッテリーを使用する場合、どのようなリスクがあるのか。事前に検討すべきことは何か。(2024/02/27)

news08.jpg

UPSは「安心安全」のはずが……バッテリーで変わる非常用電源の火災リスク

データセンター停電時の非常用電源になる「無停電電源装置」(UPS)。安心と安全のための装置だが、UPSの種類によっては火災を引き起こすことがある。どのようなリスクがあるのか。(2024/02/15)

news01.jpg

「コラボツールでコンプラ違反」を防ぐ要は、IT部門と“あの部署”

コンプライアンスやリスク管理、ガバナンスの保持を前提としたコラボレーションツールの使用ルールを社内で徹底させるには、IT部門と“あの部署”の連携が重要な鍵を握る。(2024/02/07)

news02.jpg

シャドーITが罰金刑になるケースも コラボツールの利用ルールはここが難しい

コンプライアンスの問題を回避するために、コラボレーションツールの特定機能を使えないように制御するのは一つの方法だが、シャドーITを生むリスクがある。米国金融機関の事例から、注意すべきポイントを探る。(2024/01/31)

news02.jpg

全員が“IT専門家”でも「データ統合」は成功しない 必要なのは?

企業では、IT部門だけでなく、事業部門の人材が自らITを活用する民主的なアプローチが広がっている。ただし、データ統合を民主的にしようとする場合には注意点がある。(2024/01/25)

news02.jpg

「コラボレーションツール」の“あの機能”こそが法務部門にとっての問題児

コラボレーションツールの利用にはコンプライアンスの問題が常に付随する。たとえ導入時に慎重に検討したとしても、導入後に予期しない問題が生じる可能性がある。何がリスク要因なのか。(2024/01/24)

news02.jpg

「一般公開のメールアドレス」が危ない BMWでだます攻撃が広がる実態

サイバー犯罪集団Cozy Bearは、外交官を標的にした攻撃活動を実施している。Cozy Bearはどのようにして標的の狙いを定めているのか。要注意の国とは。(2024/01/22)

news03.jpg

なぜ今こそ「API」の時代なのか? そもそも“APIの役割”とは

アプリケーションを使うほど、企業はデータのサイロ化に悩むことになる。企業の規模が大きいほど問題は深刻だ。将来的にも持続可能なアプリケーション間の接続を管理する方法とは。(2024/01/18)

news11.jpg

その発言はコンプラ違反? コラボツールのデータ保存時に決めるべきルール

コラボレーションツールの利用拡大に伴い、蓄積されるデータの管理方針に注意を払う必要がある。コンプライアンス維持のために、どの記録をどう保管すべきか。(2024/01/16)

news05.jpg

「BMWの格安中古車」はまさかの偽物だった? 外交官を狙った巧妙な手口

ロシアが侵攻したウクライナで働く外交官を標的にした攻撃活動が活発だ。攻撃者はロシア政府が絡むCozy Bearだ。高級車を餌にして、標的をわなに掛ける方法とは。(2024/01/15)

news12.jpg

IT部門は「頑張り過ぎる」のではなく何をすればいい?

SaaSの採用を広げた結果として、データのサイロ化に悩んでいる企業は珍しくない。分散したデータを統合するには、どのような戦略が必要なのか。(2024/01/11)

news01.jpg

Microsoftの「SASトークン問題」で浮上した“最悪のシナリオ”とは?

Microsoft技術者のミスで、同社の内部ストレージにアクセスできるトークンが「GitHub」に公開された。このインシデントは、最悪の事態を引き起こす可能性があったという。背景にある「セキュリティ問題」とは。(2023/12/11)

news14.jpg

「計算が全て」になる悪夢の日 「猫」を「犬だ」と言うAIさえ疑えない

コンピュータによる計算は正確だと言えるが、AIモデルが計算によって導き出す答えを人間が信じるかどうかは別の話だ。ただし人間はAIモデルが出力する結果を信じる傾向にある。(2023/12/08)

news04.jpg

「生成AI」はリスクなしでは育てられない? アクセンチュアのまとめ

生成AIの活用が広がるにつれて、その倫理的懸念やリスクに対処することが求められるようになった。企業は生成AIのリスクをどう捉えて対処しようとしているのか。アクセンチュアの寄稿を基に解説する。(2023/12/06)

news07.jpg

Microsoftの「丸見えになったストレージ」は“機密情報だらけ”だった?

AI技術は、Microsoftにとっては“肝いり”の分野だ。それに関連した取り組みの中で、同社内部のストレージにアクセスできる情報を、同社が誤って「GitHub」に公開していた事態が明るみに出た。その影響とは。(2023/12/04)

news01.jpg

「SaaS」データを連携させる方法とは? なぜ“API必須”なのか

企業が業務のために複数のSaaSを利用することは当たり前になった。こうした状況で問題となるのは、SaaSやオンプレミスシステム間のデータ連携だ。データの相互運用性を保つ方法とは。(2023/12/04)

news03.jpg

人間は「予測不能なこと」をAIに期待していない? 戦闘で考える“倫理問題”

人間はAIをどこまで信じるべきなのか。兵器にAI技術を組み込んだ「自律型兵器システム」が戦場に投入される可能性がある中で、これは重大な問題だ。掘り下げて考えてみよう。(2023/12/02)

news03.jpg

Apple Storeで起きた残念な労働問題 「コンピュータを盲信した」のが原因?

あるApple Store従業員によると、Appleは人員削減とともにさまざまな業務自動化を推進している。その結果、障害を抱える従業員に大きな不利益が生じた場面もあるという。どういうことなのか。(2023/12/01)

Computer Weekly日本語版とは

「Computer Weekly日本語版」は、1966年に英国で創刊された媒体Computer Weeklyの国内版です。ITインフラや業務アプリケーション、IT戦略、産業別の動向など、幅広い話題をITプロフェッショナル向けに発信しています。2011年5月より、米TechTargetがデジタルマガジンとしてComputer Weeklyを発行しています。