2006年01月17日 08時06分 公開
特集/連載

IT部門はもっと社内にアピールすべきだColumn

IT部門が何をしているのか自らアピールしないと「IT部門は何もしていない」という認識が広がってしまう――社内でのマーケティングが必要だ。

[TechTarget]

 声を大にして主張しないと、IT部門はプロバイダーではなく、コストセンターと見られてしまう。ビジネス部門はIT部門の評判をさらに悪くするような「悲惨なプロジェクト」を押し付けてくるだろうし、導入したアプリケーションは利用されず、だれも手順を守らず、導入サイクルは延々と長引くことになるだろう。

 大手企業のIT部門では、ITマーケティングを担当する副社長を雇うことを検討すべきだし、中小規模企業のCIOは、自社のマーケティング責任者の協力を求めたり、場合によってはマーケティング面でベンダーの手助けを求める必要がある。

 こうした取り組みの実践例として、ウォルマート、インテル、セブンイレブン、ヒルトンホテルの事例を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...