2006年06月09日 09時45分 公開
特集/連載

Case Study実録――無線LANへの侵入者を目前で阻止

偶然ネットワークへの侵入現場を押さえたことが、侵入探知と予防を年中無休体制で実行する専用センサーの導入につながった。

[TechTarget]

 ある日の午後、ネッド・アリソン氏は偶然、自分のネットワークに侵入しようとしている人物を見つけた。「ある人物が通りを隔てた向かいのホテルのワイヤレスネットワークに自分のマシンを接続させようとしているのが、私の机から見えた。私はただ好奇心から彼の行動を見つめていた」とアリソン氏。

 このホテルではインターネット接続は有料制を採っていることが分かり、この男は次をあたり始めた。そして、近くのコーヒーショップを試した。だが、駄目だった。そこも有料だった。さらに、この男は何カ所かほかを試した。だが、それでも駄目だった。そして次に、目の前を通り過ぎるUPSの配送トラックも試してみた。だがやはり、駄目だった。電波は一瞬で消え去った。

 この侵入未遂者は丹念に通りを進んでいた。そして、アリソン氏は次が自分のネットワークの番だと気付き、愕然とした。

 「有線ネットワークに接続されたコンピュータのワイヤレスNICが作動し、信号を発している」との警告を受け取ったのは、ちょうどそのときだった。pingしているノートPCは、ほぼ無制限のネットワークアクセス権限を備えたデータベース管理者のものだった。

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。