2006年08月01日 10時27分 公開
特集/連載

テープレスバックアップ、人気上昇中Case Study

データバックアップの1Gバイト当たりのコストは、今でもディスクよりテープの方が低い。だが、データを社外に電子的に送信するという方法は、費用効果の面でも決して劣らないという認識が広がりつつある。

[Alex Barrett,TechTarget]

 ストレージプロフェッショナルの間では、総合的に考えれば、バックアップデータを社外に電子的に送信するという方法は、物理的なテープを輸送するよりも簡単かつセキュアで信頼性に優れるだけでなく、費用効果の面でも決して劣らないという認識が広がりつつある。

 確かに、今日でも1Gバイト当たりのコストはディスクよりもテープの方が低いが、日々のテープローテーションスキームで必要となるテープの数に加え、テープの劣化などに伴う補充コストを考え合わせれば、テープの1Gバイト当たりのコストの優位性は失われる。

 ターゲットマーケティング大手、レベニューサイエンスのITディレクター、スティーブ・ウェザーフォード氏が2年前にテープの利用をやめたのも、テープのコストが高いことが1つの理由だった。レベニューサイエンスでは、顧客企業のWebサイトのトラフィックを分析し、広告収入を高める方法を提案している。同社はこの業務で、毎日数百Gバイトもの新しいWebログデータを収集しているという。セキュリティ上の理由から、データは90日間しか保管されない。「当社の場合、データの更新が頻繁であるため、テープのコストが非常に高かった。加えて、セキュリティ上の理由でデータを消去する必要があったが、それも容易ではなかった」とウェザーフォード氏は語る。

関連ホワイトペーパー

バックアップ | ストレージ | ディザスタリカバリ | NAS


ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...