NEC、統合運用管理ミドルウェアの最新版「WebSAM Ver.7」を発売NEWS

NECは、統合運用管理ミドルウェアの最新版「WebSAM Ver.7」の販売活動を開始した。運用管理基盤の強化やGUIの視認性、操作性の向上などが行われている。

2007年03月20日 19時40分 公開
[TechTarget]

 NECは3月20日、統合運用管理ミドルウェアの最新版「WebSAM Ver.7」を発表、同日より販売活動を開始した。

 本製品は、社内システムの複雑化や変化に対応するために、シンプルな運用を追及したミドルウェア。最新版では、企業のITシステム全体の統制を可能にする運用管理基盤「WebSAMフレームワーク」の強化、オペレーションミスを軽減するために人間工学に基づいて視認性・操作性を向上したGUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)の採用、作業手順や障害対処を容易にするナレッジ機能の提供などが行われている。これにより「全体統制型システム運用管理」を実現できるという。

 WebSAMフレームワークでは、例えば運用管理情報を一元化するデータベース「WebSAM CMDB(Configuration Management Database:構成管理データベース)」を強化し、仮想化を実現する「論理CMDB機能」を開発。これにより、サーバやストレージなどの物理的な機器情報と、人事システムや経理システムといった業務システムの情報とをひも付けることが可能となり、運用管理に必要な情報を手間をかけずに収集・分析することができるという。

 希望小売価格は、統合運用管理「WebSAM MCOperaitons」が479万1200円(税別)から、サーバ管理「WebSAM SystemManager」が78万7100円(税別)から、アプリケーション管理「WebSAM ApplicationNavigator」が62万7600円(税別)からとなっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...