日商エレクトロニクスがミラポイントの技術で提携、マイグレーションサービスを開始NEWS

日商エレクトロニクスは、ミラポイントのマイグレーション技術において提携を行った。既存電子メール環境からミラポイントシステムへのゼロダウンタイム移行サービスの提供を開始している。

2007年04月24日 20時12分 公開
[TechTarget]

 日商エレクトロニクスは4月24日、ミラポイントのマイグレーション技術において提携を行ったと発表した。この提携により、日商エレクトロニクスは電子メールサービスを停止させることなく、既存の電子メール環境からミラポイントメッセージングプラットフォームへ安全にシステム移行を可能にする「ミラポイント・マイグレーションサービス」の提供を同日より開始。これにより、ミラポイント製品による電子メールシステムの設計・構築から移行・運用までを総合的にサポートする。

 本サービスは、既存の「Microsoft Exchange」「Lotus Notes/Domino」および任意のIMAP準拠電子メールシステムから、ミラポイントのメッセージアプライアンスサーバ「Mirapoint Message Server」へメールフォルダ、メッセージ、個人アドレス帳、カレンダーなどを安全に移行するというもの。更新されるメールデータを新旧システムで効率的に同期させ、電子メール環境を事実上ゼロダウンタイムで移行できるという。また、ネットワーク経由の移行も可能で、多拠点にまたがる分散メール環境の再構築にも対応している。電子メール環境を安全、短期間に移行でき、またミラポイントのメールシステムを利用することでセキュリティやアーカイブなど、付加価値の高いメール環境を構築できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...