沖電気、シンクライアントASPサービス「シンクラ@PTOP」を発売NEWS

沖電気ネットワークインテグレーションが、日本ヒューレット・パッカードのクライアント統合ソリューション「HP CCI」を活用したシンクライアントASPサービス「シンクラ@PTOP」を発売した。

2007年05月15日 15時16分 公開
[TechTarget]

 沖電気ネットワークインテグレーションは5月15日、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)のクライアント統合ソリューション「HP CCI」を活用したシンクライアントASPサービス「シンクラ@PTOP」を同日より発売したと発表した。日本版SOX法などに伴うクライアントPCからの情報漏えい防止対策として需要が高まるシンクライアント分野の市場拡大を目指す。本サービスはASPサービスとして提供されるため、ユーザーは初期投資を大幅に抑えることができるという。

 また、ハードウェアとして採用した日本HPの「HP CCI」は、端末1台に対して1つのハードウェアを専用で割り付けることで、ユーザーの業務開始直後など急激に負荷がかかる時間帯であっても、数百台規模まで安定した処理ができるという。標準価格は、端末1台当たり月額1万6000円からで、8月1日より提供を開始する予定。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...