日本ベリサイン、企業向け電子メール署名用電子証明書に2年間有効の新製品NEWS

日本ベリサインが、企業や組織を対象とした電子メールへの電子署名用の電子証明書「ベリサイン セキュアメールID」の製品ラインアップを拡充、証明書の有効期間が2年間となる証明書の提供を開始する。

2007年05月30日 17時29分 公開
[TechTarget]

 日本ベリサインは5月30日、企業や組織を対象とした電子メールへの電子署名用の電子証明書「ベリサイン セキュアメールID」の製品ラインアップを拡充。証明書の有効期間が2年間となる証明書の提供を6月1日より開始すると発表した。価格は35万700円(税込)。本製品は、フィッシングメール対策として電子メールに電子署名を行うための電子証明書。「Microsoft Outlook」や「Shuriken Pro」など、S/MIMEに対応したメールソフトで利用できる。

 署名された電子メールの受信者は、送信元の実在性が日本ベリサインによって認証された企業や組織であること、および電子メールの内容が途中で改ざんされていないことが確認できるため、フィッシングメールから身を守ることができる。複数年の証明書を利用することで、ユーザーは証明書更新手続きの手間を減らすことができ、また更新手続きの失念による有効期限切れのリスクも軽減。さらに1年間有効なセキュアメールIDを更新して2年間利用するよりも、コストを抑えられる。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...