2007年06月26日 20時50分 UPDATE
ニュース

NEWSクラスキャット、ホスティング事業者向け仮想化統合スターターキットを発売

インテル VTとXenテクノロジーを利用したサーバ統合ソリューションを提供

[TechTarget]

 クラスキャットは6月26日、「Red Hat Enterprise Linux 5(RHEL5)」でサポートされた仮想化テクノロジー「Xen 3.0」のHVM(Hardware Virtual Machine)テクノロジーをベースとした「ClassCat 仮想化統合スターターキット」の提供を、同日よりホスティング事業者向けに開始したと発表した。本ソリューションは、物理サーバの統合に関するノウハウとインターネットサーバ管理ツール「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 4.5/5.0」をキットとして提供するもの。

 同社は、ホスティング事業者などインターネットサーバを複数運用管理している事業者が本製品を利用することにより、検証作業などに時間を掛けることなく物理サーバを仮想環境へ移行できるとしている。また、分散している物理サーバを統合することで、物理的なコスト削減のほかハードウェアの物理的制限が緩和されるため、システムの拡張性や柔軟性も向上するという。

 スターターキットでは、インテル バーチャライゼーション・テクノロジー(インテル VT)を利用可能なハードウェア上にRHEL5で提供されるXen 3.0の完全仮想環境を構築。仮想化されたゲスト環境でRHEL4またはRHEL5を動作させ、それぞれのゲスト環境で構築されたインターネットサーバの管理ツールとしてClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 4.5/5.0を利用し、物理サーバと同等の環境を実現するとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...