日本IBM、企業のSOA環境への移行を支援する3種類のサービスを発表NEWS

2種類の段階的なコンサルティングと、SOA環境の実装支援サービスを提供

2007年07月11日 20時14分 公開
[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エムは7月11日、企業のSOA環境への移行を支援するインフラストラクチャー・コンサルティング、およびSOA環境の設計・導入を支援するサービスを8月1日より開始すると発表した。発表されたサービスは、以下の3種類。全世界のIBMで培ってきたSOA環境の構築スキルやノウハウを標準化して提供することにより、迅速かつ効率的なSOA環境構築を支援する。

「IBM SOAインフラストラクチャー・コンサルティング・サービス―インフラストラクチャー・ストラテジー&プランニング・ワークショップ」

 中長期IT戦略を実現するためのITインフラのロードマップを策定するIBM独自の手法であるCIR(Component Infrastructure Roadmap)を活用し、既存のITインフラの現状とユーザーのSOA要求レベルを把握。必要なITサービス、プロセス、組織、情報およびツール類を明確化するコンサルティングサービス。

「IBM SOAインフラストラクチャー・コンサルティング・サービス―インフラストラクチャー・レディネス」

 上記、IBM SOAインフラストラクチャー・コンサルティング・サービス―インフラストラクチャー・ストラテジー&プランニング・ワークショップの延長として、SOAの実践的な展開を支援するコンサルティングサービス。複数回に及ぶレビューセッションを開催し、ユーザーの現状のIT環境を分析。すでに検討しているSOA化の計画と、理想的なSOAアプローチとの比較およびギャップ分析、移行計画およびロードマップを提供する。

「IBM WebSphere DataPower SOAアプライアンス設計構築支援サービス」

 SOAの通信基盤として、IBMのミドルウェア製品である「IBM WebSphere DataPower SOAアプライアンス」をITインフラに実装することで、アプリケーションやサービス間の連携を可能にする実装サービス。

 同社は、今回の3種類のサービスを「ITインフラ分野におけるSOAサービスのスタート地点」と位置付け、今後もSOA関連サービスを拡大していく方針だ。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...