エグゼソリューションズ、Windowsファイルサーバ監視ツール「FC1 Audit」を発売NEWS

サーバ管理者も対象とする情報漏えい対策、内部統制強化ツールを50万円で実現。脆弱性診断機能により、サーバセキュリティの盲点も診断可能

2007年07月30日 21時56分 公開
[TechTarget]

 エグゼソリューションズは7月30日、Windowsファイルサーバ用の情報漏えい対策および監査用ツールのソフトウェア新製品「FC1 Audit」を8月1日より発売すると発表した。本製品は、ファイルサーバにエージェントをインストールすることで、クライアントPCからのすべての操作を監視、監査できるソフトウェア。サーバ管理者による操作もチェックできるため、コンプライアンス要求の高い業界のニーズにも応える監視(監査)を、低価格で容易に開始できるとしている。監視対象のクライアントPCにはエージェントの導入が不要な上、監査用サーバの導入・設定も1台当たり数十分程度で行えるという。

 さらに、脆弱性診断機能(アクセス権限診断とユーザー管理診断など)により、ファイルサーバのセキュリティホールの診断も可能。構成は、監査対象となるファイルサーバにインストールするスタンドアロン構成のほか、FC1 Audit監査用サーバ1台で最大200台までのファイルサーバを監査対象として一元管理する構成も用意している。提供方式は、ライセンス販売とレンタルの2種類が用意されており、ライセンス価格は監視サーバ1台当り50万円、レンタル価格は監視サーバ1台当り年間25万円(ともに税別)。なお、購入前に30日間のテスト使用が可能で、試用後にそのまま本番利用に移行することも可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...