2007年09月05日 19時02分 公開
ニュース

日立情報と日立ソフト、飲食業向けソリューションの勤怠管理機能に指静脈認証を連携NEWS

日立情報の飲食業向けASPサービス「BistroMate」の勤怠管理機能の認証強化に、日立ソフトの指静脈認証システム「静紋」を採用し販売を開始

[TechTarget]

 日立情報システムズと日立ソフトウェアエンジニアリングは9月5日、飲食業向けソリューションの分野で協業を開始したと発表した。協業の第1弾として、日立情報の飲食業向けASPサービス「BistroMate」の勤怠管理機能の認証強化に日立ソフトの指静脈認証システム「静紋J300」を採用、同日より提供を開始した。

 BistroMateは、発注・仕入れ・棚卸し・売り上げ・勤怠・シフト・分析など、飲食業の経営に必要な業務を標準機能としてサポートするASPサービス。また、静紋J300は、偽造・改ざんが困難な静脈の特徴を利用する認証システムで、IDやパスワードを入力することなくスピーディな認証を行える。

 BistroMateと静紋J300の連携により、指静脈認証による正確な本人確認が簡単な操作で可能となる。タイムカードなどによる勤怠管理と比べてカードの補充や再発行業務が不要となるため、運用コストの削減を実現できるとしている。今後、日立情報では静紋J300をBistroMateのほかのサービスメニューのログイン認証にも使用するなど、BistroMateの情報漏えい対策をトータルで強化するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...