2007年09月05日 19時02分 UPDATE
ニュース

NEWS日立情報と日立ソフト、飲食業向けソリューションの勤怠管理機能に指静脈認証を連携

日立情報の飲食業向けASPサービス「BistroMate」の勤怠管理機能の認証強化に、日立ソフトの指静脈認証システム「静紋」を採用し販売を開始

[TechTarget]

 日立情報システムズと日立ソフトウェアエンジニアリングは9月5日、飲食業向けソリューションの分野で協業を開始したと発表した。協業の第1弾として、日立情報の飲食業向けASPサービス「BistroMate」の勤怠管理機能の認証強化に日立ソフトの指静脈認証システム「静紋J300」を採用、同日より提供を開始した。

 BistroMateは、発注・仕入れ・棚卸し・売り上げ・勤怠・シフト・分析など、飲食業の経営に必要な業務を標準機能としてサポートするASPサービス。また、静紋J300は、偽造・改ざんが困難な静脈の特徴を利用する認証システムで、IDやパスワードを入力することなくスピーディな認証を行える。

 BistroMateと静紋J300の連携により、指静脈認証による正確な本人確認が簡単な操作で可能となる。タイムカードなどによる勤怠管理と比べてカードの補充や再発行業務が不要となるため、運用コストの削減を実現できるとしている。今後、日立情報では静紋J300をBistroMateのほかのサービスメニューのログイン認証にも使用するなど、BistroMateの情報漏えい対策をトータルで強化するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...