OKI、Oracle DBの障害解析・性能分析を強化したサポートサービスを開始NEWS

Oracleデータベースの障害対応と性能問題の解決に要する時間を大幅に短縮するサポートサービス「DressUP Performance Support for Oracle Database」

2007年09月06日 17時37分 公開
[TechTarget]

 沖電気工業(OKI)は9月6日、Oracleデータベースのサポートサービス「DressUP Performance Support for Oracle Database」を10月1日より販売開始すると発表した。本サービスは、システムに負荷を与えずにデータベースの稼働状況を確認できる情報収集・分析ツール「MaxGauge」を用いたもの。MaxGaugeの強力なログ収集機能をあらかじめシステムに組み込むことにより、常時稼働情報の収集を行う。収集された稼働情報の分析は、Oracle技術者の最高峰資格である「ORACLE MASTER Platinum」取得者を含むOKIのデータベースエンジニアが行い、問題発生時の原因分析にかかる時間を大幅に短縮するとしている。

 また、収集された稼働情報を詳細に分析することで、障害発生時だけでなく通常運用時におけるシステムのリソース使用状況や性能劣化の予兆監視といった診断を行うことも可能。年間サービス料には、年2回任意のタイミングで診断レポートの作成作業を実施するサービスが含まれている。診断レポートはシステムの稼働状況の確認だけでなく、性能問題の予兆分析やシステム拡張のプランニングの際にも活用できるとしている。価格は初年度サービス料が148万円から、次年度以降のサービス料は56万円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...