B-EN-Gと日本オラクル、SOA分野で協業を強化NEWS

「Oracle Fusion Middleware」を活用したSOA推進専門チーム「オラクルフュージョンテクノロジーセンター」を設立

2007年10月01日 19時02分 公開
[TechTarget]

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)と日本オラクルは10月1日、SOA分野の協業強化を発表した。

 両社は今回の協業強化に伴い、B-EN-G内に日本オラクルのミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」を活用したSOA推進の専門組織「オラクルフュージョンテクノロジーセンター」を設立。日本オラクルによる最新技術情報の提供に加え、B-EN-G専門窓口を設置して顧客のSOA基盤の構築を支援するとしている。ERP、SCM、CRMのパッケージ活用で豊富な実績を持つB-EN-Gと、Oracle Fusion Middlewareを提供する日本オラクルの協力により、柔軟性の高いシステムを企業に提供するとしている。

 B-EN-Gでは社内に検証環境を構築しており、ユーザー企業は導入時にその検証結果を活用することで事前検討時間の短縮や投資リスクの極小化などのメリットを享受できるという。両社は今後も連携してSOAの最先端テクノロジーやソリューション導入のノウハウを蓄積することで顧客のリスクを低減し、ミドルウェア、アプリケーションなどのIT基盤の構築を支援するとしている。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | SOA | ミドルウェア | ERP


ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...