2007年10月22日 18時29分 公開
ニュース

日本IBM、100ボルト電源に対応したブレードサーバ向けシャーシを発表NEWS

中・小規模の統合システム環境構築向け「IBM BladeCenter S」を発表。12月18日より出荷開始

[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は10月22日、100ボルト電源に対応したブレードサーバ向けシャーシ(筐体)製品「IBM BladeCenter S」を発表した。

 「IBM BladeCenter」は、多様なプラットフォームのブレードサーバに加えHDDやネットワークモジュールなど多くの機器をシャーシに搭載し、中規模以上のシステムを中心に同社が提供している統合ソリューション。今回発表されたIBM BladeCenter Sは、中堅企業や一般のオフィス環境といった中・小規模の統合システム設置を可能にする製品だという。BladeCenterシャーシとして初めてオフィスで標準的に使われている100ボルト電源に対応し、従来のラック型サーバに比べケーブル量を8割削減できるシンプルなシステムを構築できるとしている。

 最大6枚のブレードサーバ、最大4個のスイッチモジュール、最大12台のHDDを内蔵し、HDDは用途に応じてディスクスペースの割り当てが可能。ブレードサーバはIntelプロセッサ、AMDプロセッサ、POWERプロセッサ搭載の各モデルに加え、ワークステーションブレードを搭載できる。また、ネットワークスイッチなどの追加モジュールはブレードサーバの標準化推進団体「Blade.org」の規格に準拠した多用なソリューションベンダーの製品を利用できるとしている。最小構成価格は40万9500円(税込み、日本IBMダイレクト価格)で、12月18日より出荷を開始する。

関連ホワイトペーパー

IBM(アイ・ビー・エム) | ブレードサーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...