弥生、新製品「弥生ワークス」をASP方式で提供開始へNEWS

「弥生販売」との直接連動を実現し、得意先台帳と連携して売り上げに結びつく迅速で効果的な営業活動を行うことが可能に

2007年10月23日 18時04分 公開
[TechTarget]

 弥生は10月23日、新製品「弥生ワークス」をASP方式で12月10日より提供を開始すると発表した。弥生ワークスは、パッケージソフト「弥生」シリーズと連動し、Webブラウザで社内外からアクセスできる情報共有・営業活動支援ツール。同社の業務用パッケージソフトと、顧客情報やスケジュール、課題などを共有できるオンラインサービスを組み合わせることで、効率的に営業力・組織力の強化を図れる環境をユーザーに提供していくとしている。

 弥生ワークスは第1弾として「弥生販売」との直接連動を実現。弥生販売の「得意先台帳」と連携することで、売り上げに結びつく迅速で効果的な営業活動を行うことができるとしている。ホーム画面での1日の作業確認、営業活動の簡単入力、進ちょく管理、日報の自動生成、顧客台帳の管理・共有などの機能が提供される。

 次期主要リリースではワークフロー機能を搭載し、「弥生会計」「弥生給与」「弥生人事給与」との連動を実現していく予定。導入コストは、初期費用が5万2500円、使用料は月額3150円(1ユーザー)からとなる。

関連ホワイトペーパー

ASP | 基幹システム | SFA


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...