F5ネットワークス、F5製品の集中管理プラットフォームの最新版を発売NEWS

「Enterprise Manager 3000」により、BIG-IP LTMをはじめとしたF5製品の集中管理導入コストと、アプリケーション配信のためのインフラストラクチャ管理コストを大幅に削減

2007年11月30日 18時17分 公開
[TechTarget]

 F5ネットワークスは11月30日、同社製品の集中管理とメンテナンスを提供する「Enterprise Manager」シリーズの最上位機種「Enterprise Manager 3000」を発売した。本製品は、「BIG-IP LTM(Local Traffic Manager)」ならびにTMOS(Traffic Management Operation System)に対応するすべてのF5製品を最大300台まで管理することが可能だという。

 最新版では特にRAIDディスクが改善され、2Uプラットフォームにホットスワップ対応HDDを搭載(RAID 1構成)。ニーズの高いテレコム市場や、TMOSを基盤としてF5製品を大規模に管理している企業は、本製品によって効率的な集中管理が行えるという。また、Enterprise ManagerはF5のAPI「iControl」によって管理対象製品と通信しているため、TMOS上で稼働するすべてのF5デバイスをサポートできる基盤になるとしている。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | RAID | ネットワーク監視


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...