2007年10月10日 04時45分 公開
特集/連載

ネットワーク監視システムで最適パフォーマンスを得るためには基本のpingから有償ツールまで

ネットワーク監視システムは大量の帯域幅を使用する可能性がある。最適なパフォーマンスを得るためには、どう設定すればいいのか考えてみよう。

[David Davis,TechTarget]

 ネットワーク監視システムは、タスク実行のために大量の帯域幅を使用する可能性がある。監視対象のデバイスが多くなれば、できるだけ最新の監視情報を入手するため、監視システムがネットワーク上の実働トラフィックからより多くの帯域幅を横取りするようになる。では、最適なパフォーマンスが得られるようにするには、ネットワーク監視システムをどのように設定すればいいのか考えてみよう。

最適パフォーマンスを得るための設定――基本編

 ネットワーク監視システムの最も基本的な形態がpingプログラムである。「ping host1」と入力して、どんな結果が返されるかを見るというのは、多くの読者にとっておなじみの手法だろう。だが、pingがホストの存在の有無を通知するためにバックグラウンドで何をしているのか、考えたことはないかもしれない。

 Windowsの場合、デフォルトでは、pingは指定されたホストに32バイトのパケットを4つ送信し、各パケット送信後に応答が返るのを待つ。最後に、失われたパケットの割合(%)、最大応答時間、最小応答時間、平均応答時間を計算する。例えば、以下のような具合だ。

Z:\> ping corerouter

Pinging corerouter [10.253.100.1] with 32 bytes of data:

Reply from 10.253.100.1: bytes=32 time=1ms TTL=255

Reply from 10.253.100.1: bytes=32 time<1ms TTL=255

Reply from 10.253.100.1: bytes=32 time<1ms TTL=255

Reply from 10.253.100.1: bytes=32 time<1ms TTL=255

Ping statistics for 10.253.100.1:

Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),

Approximate round trip times in milliseconds:

Minimum = 0ms, Maximum = 1ms, Average = 0ms

Z:\>

 これはかなり基本的な――たぶん少し退屈な――情報のように思えるが、ここが重要なポイントだ(と筆者は確信している)。

 pingではスイッチを使用して各種の設定を行うことができる。以下に具体例を示す。

  • ping -n {count} → pingパケットを送信する回数を指定する(デフォルトは4回)。
  • ping -w {milliseconds} → 各パケット送信後の応答待ち時間を指定する。
  • ping -l {bytes} → 各pingパケットのバイト数を指定する。

 つまり、以下のように指定すれば、大量のトラフィックをホストに送信することができるわけだ。

Ping -l65500 -t killtherouter

 これにより、誰かがpingの停止を指示するまで、このホストに6万5500バイトのパケットが送信されるのである。

ネットワーク監視システムは何をするのか?

 pingは最も基本的なタイプのネットワーク監視ツールだが、設定を最適化することにより、ネットワークのパフォーマンスを低下させることなくネットワーク情報を収集することができるという点では、ほかのすべてのネットワーク監視システムと同様である。

 では、現在出回っている各種のネットワーク監視ツールを見ていくことにしよう。比較的人気が高いツールとしては、以下のようなものがある。

関連ホワイトペーパー

ネットワーク監視 | ルータ


ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...