2006年02月13日 11時01分 UPDATE
特集/連載

Columnアラート設定に注意!――ネットワーク監視・解析ツールの落とし穴

ネットワーク監視・解析ツールは今や必需品だが、せっかくのツールも、しきい値を適切なレベルに設定しないと無用の長物となってしまう。

[TechTarget]

 ネットワーク監視・解析ツールは今や必需品となっている。これらのツールは、ネットワークをリアルタイムでスキャンして分析し、不調や不具合、脆弱性を検出する。そして異変を知らせるアラートをマネジャーや管理者に送信するほか、ネットワークパフォーマンスの全体像も提供する。

 こうしたツールは便利だが、誤認や重大でないトラブルのために、ほとんどひっきりなしにアラートが届くのは煩わしいものだ。そのためにネットワーク管理者が警報を無視したり、重大な問題に関するアラートが発行されなくなるほどしきい値を高く設定している場合があることが、最近の調査で明らかになった。

 だが、例えばある月曜に何百人という従業員がコーヒーをすすりながら週末にたまったメールをチェックしているときに、メールワームが実行されたとしたら……。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。