2007年12月19日 17時26分 公開
ニュース

日本ネットワーク・アプライアンス、容量1Pバイトを超えるストレージシステムを販売NEWS

ユニファイドストレージのハイエンド製品「FAS6000シリーズ」の新製品として、最大1.176Pバイトの「FAS6080」および最大840Tバイトの「FAS6040」を提供開始

[TechTarget]

 日本ネットワーク・アプライアンスは12月19日、ユニファイドストレージのハイエンド製品「FAS6000シリーズ」の新製品として、「FAS6080」および「FAS6040」を販売開始した。

 両製品は、長所の異なるFCディスクとSATAディスクを組み合わせて構成できるモジューラ型ストレージシステム。従来製品とほぼ同等の価格帯を維持したまま、容量を最大で2倍以上に拡大し、データ転送速度や処理性能などの基本性能を大幅に向上したという。

 毎秒4Gbpsの転送速度を持つファイバチャネルインタフェースを標準で搭載し、I/O拡張ポート数は16ポートから最大24ポートに増強。FAS6080ではコントローラ用のCPUも従来製品の2倍の16コアとなり、データ転送速度および処理性能が向上している。また、ストレージ専用OS「Data ONTAP」の最新版を搭載している。

 FAS6080の最大ストレージ容量は1.176Pバイト、FAS6040の最大ストレージ容量は840Tバイト。価格はFAS6080が3455万円(税別、最小構成時)から、FAS6040が2239万円(税別、最小構成時)から。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | SAN | バックアップ


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...