2007年12月19日 17時26分 公開
ニュース

日本ネットワーク・アプライアンス、容量1Pバイトを超えるストレージシステムを販売NEWS

ユニファイドストレージのハイエンド製品「FAS6000シリーズ」の新製品として、最大1.176Pバイトの「FAS6080」および最大840Tバイトの「FAS6040」を提供開始

[TechTarget]

 日本ネットワーク・アプライアンスは12月19日、ユニファイドストレージのハイエンド製品「FAS6000シリーズ」の新製品として、「FAS6080」および「FAS6040」を販売開始した。

 両製品は、長所の異なるFCディスクとSATAディスクを組み合わせて構成できるモジューラ型ストレージシステム。従来製品とほぼ同等の価格帯を維持したまま、容量を最大で2倍以上に拡大し、データ転送速度や処理性能などの基本性能を大幅に向上したという。

 毎秒4Gbpsの転送速度を持つファイバチャネルインタフェースを標準で搭載し、I/O拡張ポート数は16ポートから最大24ポートに増強。FAS6080ではコントローラ用のCPUも従来製品の2倍の16コアとなり、データ転送速度および処理性能が向上している。また、ストレージ専用OS「Data ONTAP」の最新版を搭載している。

 FAS6080の最大ストレージ容量は1.176Pバイト、FAS6040の最大ストレージ容量は840Tバイト。価格はFAS6080が3455万円(税別、最小構成時)から、FAS6040が2239万円(税別、最小構成時)から。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | SAN | バックアップ


ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...