2007年12月19日 17時26分 UPDATE
ニュース

NEWS日本ネットワーク・アプライアンス、容量1Pバイトを超えるストレージシステムを販売

ユニファイドストレージのハイエンド製品「FAS6000シリーズ」の新製品として、最大1.176Pバイトの「FAS6080」および最大840Tバイトの「FAS6040」を提供開始

[TechTarget]

 日本ネットワーク・アプライアンスは12月19日、ユニファイドストレージのハイエンド製品「FAS6000シリーズ」の新製品として、「FAS6080」および「FAS6040」を販売開始した。

 両製品は、長所の異なるFCディスクとSATAディスクを組み合わせて構成できるモジューラ型ストレージシステム。従来製品とほぼ同等の価格帯を維持したまま、容量を最大で2倍以上に拡大し、データ転送速度や処理性能などの基本性能を大幅に向上したという。

 毎秒4Gbpsの転送速度を持つファイバチャネルインタフェースを標準で搭載し、I/O拡張ポート数は16ポートから最大24ポートに増強。FAS6080ではコントローラ用のCPUも従来製品の2倍の16コアとなり、データ転送速度および処理性能が向上している。また、ストレージ専用OS「Data ONTAP」の最新版を搭載している。

 FAS6080の最大ストレージ容量は1.176Pバイト、FAS6040の最大ストレージ容量は840Tバイト。価格はFAS6080が3455万円(税別、最小構成時)から、FAS6040が2239万円(税別、最小構成時)から。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | SAN | バックアップ


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...