日本ネットワーク・アプライアンス、容量1Pバイトを超えるストレージシステムを販売NEWS

ユニファイドストレージのハイエンド製品「FAS6000シリーズ」の新製品として、最大1.176Pバイトの「FAS6080」および最大840Tバイトの「FAS6040」を提供開始

2007年12月19日 17時26分 公開
[TechTarget]

 日本ネットワーク・アプライアンスは12月19日、ユニファイドストレージのハイエンド製品「FAS6000シリーズ」の新製品として、「FAS6080」および「FAS6040」を販売開始した。

 両製品は、長所の異なるFCディスクとSATAディスクを組み合わせて構成できるモジューラ型ストレージシステム。従来製品とほぼ同等の価格帯を維持したまま、容量を最大で2倍以上に拡大し、データ転送速度や処理性能などの基本性能を大幅に向上したという。

 毎秒4Gbpsの転送速度を持つファイバチャネルインタフェースを標準で搭載し、I/O拡張ポート数は16ポートから最大24ポートに増強。FAS6080ではコントローラ用のCPUも従来製品の2倍の16コアとなり、データ転送速度および処理性能が向上している。また、ストレージ専用OS「Data ONTAP」の最新版を搭載している。

 FAS6080の最大ストレージ容量は1.176Pバイト、FAS6040の最大ストレージ容量は840Tバイト。価格はFAS6080が3455万円(税別、最小構成時)から、FAS6040が2239万円(税別、最小構成時)から。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | SAN | バックアップ


ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...