2007年09月07日 20時25分 UPDATE
ニュース

NEWSネットアップ、中堅企業向けのストレージ新製品を発売

従業員数が100人から1000人程度の中堅企業市場を主な対象とした、エントリーレベルストレージ製品「FAS200シリーズ」の後継となる「FAS2000シリーズ」を発売

[TechTarget]

 日本ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)は9月7日、ストレージ製品群「NetApp FASシステム」の中堅企業向け新製品として「FAS2000シリーズ」を同日より提供開始したと発表した。本シリーズは、従来のエントリーレベルストレージ製品「FAS200シリーズ」の後継となる製品で、従業員数が100人から1000人程度の中堅企業市場を主な対象としている。ストレージ容量が最大24.6Tバイトの「FAS2020」(347万7000円から)と、最大69Tバイトの「FAS2050」(427万5000円から)の2種類が用意される。

 従来シリーズよりストレージ容量を最大で4倍以上に拡大すると同時に、ディスクドライブには最大300Mバイト/秒の転送帯域を持つインタフェース規格「SAS(Serial Attached SCSI)」を同社として初めて採用。OSには同社共通のストレージOS「Data ONTAP」を搭載するため、従来製品からのアップグレードや「FAS3000シリーズ」および「FAS6000シリーズ」へのアップグレードも容易に行えるという。また、ユーザーはストレージ製品ごとに異なる操作や管理技術を習得することなく操作できるため、データ管理に関する運用管理の労力とリソースの削減が可能になるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...