ネットアップ、中堅企業向けのストレージ新製品を発売NEWS

従業員数が100人から1000人程度の中堅企業市場を主な対象とした、エントリーレベルストレージ製品「FAS200シリーズ」の後継となる「FAS2000シリーズ」を発売

2007年09月07日 20時25分 公開
[TechTarget]

 日本ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)は9月7日、ストレージ製品群「NetApp FASシステム」の中堅企業向け新製品として「FAS2000シリーズ」を同日より提供開始したと発表した。本シリーズは、従来のエントリーレベルストレージ製品「FAS200シリーズ」の後継となる製品で、従業員数が100人から1000人程度の中堅企業市場を主な対象としている。ストレージ容量が最大24.6Tバイトの「FAS2020」(347万7000円から)と、最大69Tバイトの「FAS2050」(427万5000円から)の2種類が用意される。

 従来シリーズよりストレージ容量を最大で4倍以上に拡大すると同時に、ディスクドライブには最大300Mバイト/秒の転送帯域を持つインタフェース規格「SAS(Serial Attached SCSI)」を同社として初めて採用。OSには同社共通のストレージOS「Data ONTAP」を搭載するため、従来製品からのアップグレードや「FAS3000シリーズ」および「FAS6000シリーズ」へのアップグレードも容易に行えるという。また、ユーザーはストレージ製品ごとに異なる操作や管理技術を習得することなく操作できるため、データ管理に関する運用管理の労力とリソースの削減が可能になるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...