2008年04月07日 19時54分 公開
ニュース

NEC、年間最大62%の省電力化を実現する仮想PC型シンクライアントシステムの新版NEWS

仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」を強化。仮想PCサーバセット「Express5800/120Rj-2 VPCC仮想PCサーバ」、エントリーモデル「US110E」、デュアルディスプレー対応シンクライアント端末「US300」を発売した。

[TechTargetジャパン]

 NECは4月7日、仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」の新版を発表、同日より販売を開始した。特徴は、仮想PC型シンクライアントシステム管理サーバに搭載するソフトウェアの運用管理機能を強化したこと。エンドユーザーの作業負荷に応じて自動的に仮想PCや仮想PCが稼働するサーバの台数を増減させることで、シンクライアントシステム全体の消費電力を従来PCと比べ年間最大62%低減できるという。

 具体的な新製品としては、最小10ユーザーからの仮想PCサーバセット「Express5800/120Rj-2 VPCC仮想PCサーバ」(150万円)のほか、シンクライアント端末のラインアップ強化として、手のひらサイズのエントリーモデル「US110E」(3万6000円)およびデュアルディスプレー対応の「US300」(6万2000円)を販売開始した(価格はすべて税抜き)。

画像 Express5800/120Rj-2 VPCC仮想PCサーバ
画像 US110E
画像 US300

 Express5800/120Rj-2 VPCC仮想PCサーバ1台で最大50台の仮想PCを導入可能。仮想PC型シンクライアントシステムのサーバに必要なハード/ソフトを一式セット化している。シンクライアント端末100台導入規模のシステムを構成した場合、クライアント端末1台当たりの初期導入コストを従来の約15.4万円から約13.4万円に低減したという。

 このほか、CD-ROMやUSB-ROMから起動することで、既存PCをVirtualPCCenterのシンクライアント端末として利用可能にする仮想シンクライアントソフトを強化し、「SigmaSystemCenterソフトウェア シンターミナル 2.1」の名称で発売した。価格はCD-ROM版が1万5000円から、USB-ROM版が1万9800円から(ともに税抜き)。

関連ホワイトペーパー

サーバ | シンクライアント | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...