2008年09月26日 17時46分 UPDATE
ニュース

NEWS SMBでの販売管理/購買管理パッケージ導入進む、ノークリサーチ調査

ノークリサーチが、中堅・中小企業における販売管理/購買管理アプリケーション導入状況に関する調査結果を発表。単体パッケージ製品の導入が進む一方、中堅企業ではERPパッケージの導入も進んでいる。

[TechTargetジャパン]

 ノークリサーチは9月26日、国内中堅・中小企業の販売管理/購買管理アプリケーション導入状況に関する調査結果を発表した。同調査は2008年6〜9月の間に、年商5〜500億円規模の国内民間企業約7000社を対象に実施、有効回収票は1765件だった。

 現在導入されている販売管理/購買管理アプリケーション全体の中に占めるパッケージ製品の割合は64.8%となっており、2006年調査での58.2%、2007年調査での63.0%から着実に増えている。また、パッケージ製品のシェアではOBCの「商奉行」「蔵奉行」が全体の4分の1を占め、これをOSK、ピー・シー・エー、弥生の3社が追う形となっている。また、この上位4社の製品で全体の半分以上のシェアを占めている。

画像

 さらに年商50億円未満の企業だけを見ると、上位4社のパッケージ製品で70%のシェアを占める。一方、年商50億円以上の企業ではパッケージの単体製品ではなく、ERPパッケージの販売管理/購買管理モジュールを利用するケースも多く見られる。ノークリサーチでは、中小企業クラスでは単体パッケージ製品を、中堅企業クラスではERPパッケージ製品を導入する流れができつつあるとしている。

 パッケージ製品シェア上位4社の製品満足度調査では、OSKの「SMILEシリーズ」がトップの評価を得たが、他社製品も総じて高い評価を得ている。また、今後の利用予定シェアではOSKの「SMILEシリーズ」が23.0%でトップ、これにOBCの「商奉行」(16.5%)と「蔵奉行」(12.9%)が続いている。ノークリサーチでは、今後もOBCの製品が安定した売り上げを保つとともに、SMILEシリーズがシェアを伸ばしていくと予想している。

関連ホワイトペーパー

ERP | SMB | IT投資 | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。