2011年02月10日 18時17分 公開
ニュース

紛失したノートPCを3G経由で遠隔ロックできる技術、ドコモとシマンテックNEWS

ドコモとシマンテックは、ノートPC向けの情報漏えい対策ソリューションを共同開発することで合意した。2011年度第2四半期にリリース予定だという。

[TechTargetジャパン]

 エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)とシマンテックは2月10日、ノートPC向けの情報漏えい対策ソリューションを共同開発することで合意した。

 同ソリューションは、紛失・盗難したPCにSMSメールを送信すると、ドコモの3G回線(FOMA網)を通じて遠隔でノートPCの起動をロックしたり、HDD内のデータを無効化するというもの。

 この仕組みは、PCの起動をロックし、暗号化されたHDDへのアクセスを無効化する「インテル アンチセフト・テクノロジー」に対応したノートPCで実現。シマンテックのHDD暗号化およびデータへのアクセスを遠隔制御するソフトウェア「PGP Whole Disk Encryption with Remote Disable & Destroy」とドコモのFOMAネットワークの連携により、ノートPCの紛失・盗難などで起こる情報漏えいを防止する。

 送信するSMSメッセージはローミングで海外へ送信することも可能なことから、日本国内だけでなく海外での紛失・盗難対策にも対応するとしている。

 同ソリューションは今後、2011年2月14日(月)から17日(木)にスペインのバルセロナで開催される展示会「GSMA Mobile World Congress 2011」のドコモブースで公開される予定だ。正式リリースは2011年度第2四半期を目指す。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...