2011年02月28日 21時00分 公開
ニュース

エス・アンド・アイ、クラウド電子カルテサービス開始NEWS

電子カルテ機能をインターネット経由で利用するサービスを提供。サーバや電子カルテシステムを購入することなく、短期間での電子カルテを利用開始できる。

[TechTargetジャパン]

 エス・アンド・アイは2月28日、無床診療所やクリニック向け電子カルテサービス「Karte Cloud」を3月14日から提供すると発表した。

 Karte Cloudは、オープンソースの電子カルテ「OpenDolphin」をベースに開発した商用版電子カルテ「DolphinPro」(開発元:ライフサイエンスコンピューティング)の機能を、インターネット経由で活用するサービス。同社によると、サーバや電子カルテシステムを購入することなく、診療施設内にPCやiPadがあれば短期間で電子カルテの利用を開始できるという。

 Karte Cloudは日医標準レセプト「ORCA」と連携。電子カルテに入力されたデータは専用サーバに保管され、クリニック内のPCや往診時に持ち歩くiPadなどの携帯端末からでも患者のカルテデータにアクセスできる。また、システムのメンテナンスやデータのバックアップは自動で行われるため、IT専門要員のいない医療機関でも手軽に電子カルテに移行することができるという。提供価格は月額4万6000円から、初期費用10万円(いずれも税別)。

 エス・アンド・アイは同サービスの開始に当たり、診療所・クリニックへのスムーズな導入を支援するために、JRCエンジニアリングとヒューマンテクノシステムの2社と販売代理店契約を締結した。さらに全国の診療所・クリニックへの導入支援を行うため、ORCAを取り扱うパートナーを中心に販売代理店を初年度20社まで増やしていく予定だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news171.jpg

1位「Walmart」、2位「Amazon.com」 デロイト トーマツが世界の小売業ランキング2021発表
Amazon.comが前年から順位を上げ、Walmartに次いで2位に躍進。日本企業でトップ250入りし...

news027.jpg

SDGsとマーケティングと愛される企業の在り方を考える
本連載では経営とマーケティングの視点で見た「企業とSGDs」をテーマに、私たちの考えて...

news166.jpg

在日中国人女性に聞いた「小紅書(RED)」利用実態――アライドアーキテクツ調査
中国の大人気SNS「小紅書(RED)」。回答者の約97%がREDの口コミを参考にして商品購入や...