2012年01月12日 09時00分 公開
ニュース

ポリコム、アナログとVoIPの両方に対応する音声会議システムNEWS

アナログ回線とVoIPの両方で動作する音声会議システムを発表。中小規模の会議室向けに設計されている。

[TechTargetジャパン]

 ポリコムジャパンは1月10日、アナログ回線とVoIP(Voice over IP)の両方で動作する音声会議システム「Polycom SoundStation Duo」を発表した。同社によると、既存の回線のアップグレードや拡張を必要としながら、VoIPに移行すると既存の電話機が利用できなくなるために、VoIP導入をためらっている企業の課題を解決するという。

 Polycom SoundStation Duoは、約37平方メートル(400平方フィート)以下の中小規模の会議室向けに設計された音声会議システム。ユーザーはPolycom RealPresenceソフトウェアを利用することで、デスクトップPCから接続できる。アナログモードまたはVoIPモードで使用できる。モード切り替えは自動的に行われ、複数のVoIP通話プラットフォームと相互運用し、他のUCデバイスとの接続も可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...