2012年01月12日 09時00分 公開
ニュース

ポリコム、アナログとVoIPの両方に対応する音声会議システムNEWS

アナログ回線とVoIPの両方で動作する音声会議システムを発表。中小規模の会議室向けに設計されている。

[TechTargetジャパン]

 ポリコムジャパンは1月10日、アナログ回線とVoIP(Voice over IP)の両方で動作する音声会議システム「Polycom SoundStation Duo」を発表した。同社によると、既存の回線のアップグレードや拡張を必要としながら、VoIPに移行すると既存の電話機が利用できなくなるために、VoIP導入をためらっている企業の課題を解決するという。

 Polycom SoundStation Duoは、約37平方メートル(400平方フィート)以下の中小規模の会議室向けに設計された音声会議システム。ユーザーはPolycom RealPresenceソフトウェアを利用することで、デスクトップPCから接続できる。アナログモードまたはVoIPモードで使用できる。モード切り替えは自動的に行われ、複数のVoIP通話プラットフォームと相互運用し、他のUCデバイスとの接続も可能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。