標的型攻撃の脅威に挑む「次世代ファイアウォール」の進化ボットネット検知や攻撃可視化の強化が進む

標的型攻撃にソーシャルメディア、スマートフォン……。社内システムを取り巻く環境の急速な変化が、次世代ファイアウォールに変化を促す。

2012年02月03日 09時00分 公開
[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 ファイアウォールにアプリケーションの制御機能を加え、マルウェア対策など複数のセキュリティ機能も兼ね備えた「次世代ファイアウォール」製品。複数のセキュリティ対策を組み合わせた「多層防御」を実現するに当たって、次世代ファイアウォールの活用は有力な手段となる。

 次世代ファイアウォール製品ベンダー各社は標的型攻撃に対抗すべく製品機能を拡張している。スマートフォンやソーシャルメディアといった新たな要素に対する脅威も視野に入れつつある。本稿は、次世代ファイアウォールの直近の機能強化を見ながら、今後の進化の方向性を探る。

ボットネット対策など標的型攻撃対応が進む

 次世代ファイアウォールはマルウェア対策機能を備える製品が多く、各社ともマルウェアのパターンファイルであるシグネチャの充実に注力している。だが未知のマルウェアを利用した攻撃の場合はシグネチャが役に立たないため、別のアプローチを探る動きが現れている。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...