2013年05月15日 18時00分 UPDATE
ニュース

NEWSHTML5対応Webアプリを、Windowsフォームアプリ感覚で作れるツールが登場

これまでの.NET Frameworkベースの開発手法を用いて、CSSやJavaScriptなどを記述することなく、HTML5対応のWebアプリやマルチデバイス向けアプリなどの開発が可能なツールが登場した。

[TechTargetジャパン]

 グレープシティは5月15日、Webアプリケーションフレームワークの新製品「Visual WebGui Pro Studio Web&Mobile 7.0J」(以下、Visual WebGui)を発表した。イスラエルのGizmoxが開発したツールで、HTML5対応のWebアプリやマルチデバイス向けアプリなどの開発が可能。グレープシティによると「Visual StudioでWindowsフォームアプリケーションを開発するのと全く同じ感覚で開発できる点が特徴だ」という。6月26日に販売を開始する。

 Visual WebGuiは、マイクロソフトのIDE(統合開発環境)「Visual Studio」のプラグインとして統合されている。Visual Studioに標準添付されているコントロールとAPIレベルでほぼ同様の構造を持ち、データグリッドやチャート、ボタンといったUIコントロールを搭載。ユーザーはフォーム上に配置したコントロールのプロパティ設定でUI設計を行い、その処理はオブジェクトのイベントハンドラーやVB(Visual Basic)、C言語でコーティングするなど、Windowsフォームと同様に行える。

photo Windowsフォーム(左)とVisual WebGui(右)の設計画面

 また、実行時はASP.NETアプリケーションとして、Webサーバの.NET Frameworkのランタイム(CLR)で実行される。そのため、サーバ側にはJSPサーブレットのような専用モジュールは不要だ。

 さらにVisual WebGuiでは、サーバとクライアントで役割を分担する運用形式を継承。サーバはアプリケーションの状態管理とビジネスロジックを実行してXMLデータを送信し、クライアントは受信したXMLデータによるデータ更新と画面UIを生成する。一般的なHTMLデータの送受信と比べ、サーバ/クライアント間のデータ送受信を抑えることでレスポンスを向上させている。

 加えて、サーバとの初回レスポンス時に仮想エンジン「Visual WebGuiカーネル」によってクライアントのUI生成を実現。Microsoft SilverlightAdobe Flashなどのプラグインが不要。

photo Visual WebGuiのアーキテクチャ

 開発したアプリはInternet ExplorerやChorme、FirefoxなどのWebブラウザで動作する。また、iOSのSafari、Android端末などのモバイル用ブラウザは9月提供予定のサービスパックで対応する。Visual WebGuiの1開発ライセンス当たりの価格は14万7000円で、運用ラインセンスは15万7500円から(いずれも税込)。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...