2014年02月21日 08時00分 公開
特集/連載

インテルもビッグデータ志向へ、データセンター向け最新CPUの使いどころ処理性能が前世代比で2倍に

インテルは2014年2月19日、同社のx86サーバ向けプロセッサ最上位製品「インテル Xeon プロセッサー E7 v2」製品ファミリーを発表。ビッグデータ分析用途向けに処理性能や信頼性に関する機能改善を図った。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
photo 「インテル Xeon プロセッサー E7-8800/4800/2800 v2」。正方形に近い形状をしている

 今回インテルが発表した「インテル Xeon プロセッサー E7-8800/4800/2800 v2」製品ファミリー(以下、Xeon E7 v2)は、開発コード名「Ivy Bridge EX」と呼ばれていたもので、「インテル Xeon プロセッサー E7-8800/4800/2800」(開発コード名「Westmere EX」)の後継製品となる。

 同社はサーバ向けプロセッサとして、以下の製品ラインアップを提供している。Xeon E7 v2は、3種類のXeonプロセッサにおける最上位機種に位置付けられている。

インテルのサーバ向けプロセッサ製品ラインアップ
製品群 想定されるシステム用途
インテル Itanium プロセッサー 9500 ハイエンド/ミッションクリティカル(基幹業務)システム
インテル Xeon プロセッサー E7 拡張性や信頼性を備えたハイエンドシステム
インテル Xeon プロセッサー E5 効率性を重視するデータセンター
インテル Xeon プロセッサー E3 比較的軽いワークロードやエントリーシステム
インテル Atom プロセッサー 電力効率(低消費電力)を重視
photo インテルの福原氏

 インテルのクラウド・コンピューティング事業本部 データセンター事業開発部 部長、福原由紀氏は、「データセンターのワークロードは多岐にわたる。Xeon E7 v2製品群は、より高い信頼性や拡張性、処理能力が求められる領域で利用を想定している」と説明する。具体的にはERPやCRMなど従来の基幹業務システムに加えて、データウェアハウス(DWH)やBI(インテリジェンス)といったビッグデータ分析システム、インメモリデータベースなど大量な重要データを処理するバックエンドシステム、仮想化環境、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)などを想定しているという。

前世代製品(E7)と機能比較のハイライト

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...