2014年10月01日 08時00分 公開
特集/連載

“偽メアド”でゾンビPCを調達 「ボットネット」構築の新たな手口クラウドのアカウント登録の不備を悪用

ボットネットの構築には端末のマルウェア感染が必要だという“常識”は、既に過去のものかもしれない。ボットネットはもっと簡単な手口で構築できると、専門家は注意を促す。

[Brad Casey,TechTarget]

 犯罪と知りながらそれに加担すれば他人から嫌われて当然だが、知らないうちに加担してしまったとしても良心がとがめる。ボットネットは、クラウドセキュリティを破ったり、罪のないエンドユーザーを知らないうちに攻撃者に仕立てたりする存在だ。

 ボットネットという言葉はセキュリティ業界でよく飛び交うが、常に正しく使われているとは限らない。そもそもボットネットとは何なのだろうか。

今更聞けない、「ボットネット」とは何か

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...