2014年10月01日 08時00分 公開
特集/連載

“偽メアド”でゾンビPCを調達 「ボットネット」構築の新たな手口クラウドのアカウント登録の不備を悪用

ボットネットの構築には端末のマルウェア感染が必要だという“常識”は、既に過去のものかもしれない。ボットネットはもっと簡単な手口で構築できると、専門家は注意を促す。

[Brad Casey,TechTarget]

 犯罪と知りながらそれに加担すれば他人から嫌われて当然だが、知らないうちに加担してしまったとしても良心がとがめる。ボットネットは、クラウドセキュリティを破ったり、罪のないエンドユーザーを知らないうちに攻撃者に仕立てたりする存在だ。

 ボットネットという言葉はセキュリティ業界でよく飛び交うが、常に正しく使われているとは限らない。そもそもボットネットとは何なのだろうか。

今更聞けない、「ボットネット」とは何か

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...