“偽メアド”でゾンビPCを調達 「ボットネット」構築の新たな手口クラウドのアカウント登録の不備を悪用

ボットネットの構築には端末のマルウェア感染が必要だという“常識”は、既に過去のものかもしれない。ボットネットはもっと簡単な手口で構築できると、専門家は注意を促す。

2014年10月01日 08時00分 公開
[Brad Casey,TechTarget]

 犯罪と知りながらそれに加担すれば他人から嫌われて当然だが、知らないうちに加担してしまったとしても良心がとがめる。ボットネットは、クラウドセキュリティを破ったり、罪のないエンドユーザーを知らないうちに攻撃者に仕立てたりする存在だ。

 ボットネットという言葉はセキュリティ業界でよく飛び交うが、常に正しく使われているとは限らない。そもそもボットネットとは何なのだろうか。

今更聞けない、「ボットネット」とは何か

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...