2014年11月07日 08時00分 公開
特集/連載

“かっこいいだけ”から脱皮した「未来の電動車いす」TechTargetジャパン編集部 メルマガコラム

先進的なデザインながら、操作性には少々難あり――。開発版ではこうした印象だった電動車いすが、市販された製品版ではどう生まれ変わったのか。TechTargetジャパン編集部のコラムをお届けします。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

関連キーワード

医療IT | スマートデバイス


 この記事は、2014年11月1日発行のメールマガジン「TechTargetジャパン ウィークリー」に掲載した、TechTargetジャパンの編集担当者によるコラムを再構成したものです。メールマガジンは、TechTargetジャパンの会員登録をすると無料で購読できます。ぜひご登録ください。

 東京・お台場の日本科学未来館で先日開催された「DIGITAL CONTENT EXPO」で、2014年9月に市販された電動車いす「WHILL Model A」が展示されていました。当日は試乗もでき、手すり部分にあるレバーを動かしたい方向に軽く倒すだけで、スムーズに移動できることに驚きました。当たり前といえば当たり前なのですが、開発中だったWHILLの操作感とは、全く異なるものだったからです。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...