2014年12月08日 08時00分 公開
特集/連載

脅威特定に役立つ「SIEM」導入の難しさと期待ユーザーの20〜30%が導入に失敗するセキュリティ製品とは?

徐々に改良が進む「セキュリティ情報イベント管理(SIEM)」製品。だが多くの企業は、十分な計画を立てずにSIEM製品を導入し、悲惨な結果に終わる例が後を絶たないと米Gartnerは指摘する。

[Brandan Blevins,TechTarget]

 「セキュリティ情報イベント管理(SIEM)」製品を利用する目的は、さまざまなソースのセキュリティイベントデータを関連付けることで、脅威の特定に役立てることだ。だがあるアナリストは、「SIEM製品導入の失敗は依然として少なくない」と言う。その理由は、企業がSIEM製品を十分に理解しないでSIEM製品を購入していることにある。

 米コネチカット州スタンフォードにあるGartnerのリサーチ部門でディレクターを務めるオリバー・ロッチフォード氏は、2014年8月中旬に公開されたリポートで、SIEM製品導入の失敗につながる最も一般的な問題について詳しく説明している。

SIEM導入が失敗する理由

ITmedia マーケティング新着記事

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...

news143.jpg

Accenture調査から見えた2020年の5つのテクノロジートレンド
「テック・クラッシュ」を乗り切るにはどうすればいいのか。AccentureのCEOおよびCTOの記...