2015年03月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

企業向けモバイル市場で提携戦略Apple―IBM連合に対抗、Samsungと手を組んだ意外なパートナーの名前

韓国Samsung Electronicsはエンタープライズ市場で米Appleに対抗すべく、多数の企業と提携した。これらの提携は企業ユーザーにどう影響するのだろうか。

[Robert Sheldon,TechTarget]
tt_yo_0327samsung.jpg

 Samsungはエンタープライズ市場での取り組みをさらに強化するために、数社の大手企業とモバイル関連の提携を結んだ。提携先には、独SAP、カナダのBlackBerry、米Centrify、米Good Technologyといったビッグネームが名を連ねている。

 Appleと同様、Samsungのモバイル端末も当初は一般消費者をターゲットにしていたが、私物端末の業務利用(BYOD)が盛んになってきたことで状況が変化した。Samsungはここにきて、エンタープライズ市場への進出に本腰を入れ始めた。同社は今回も先行するAppleを追いかける形になったが、十分に対抗可能なポジションにいる。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、代表的なオフィススイートであるMicrosoftの「Microsoft Office」関連の記事を集約したテーマサイト「iPhone、iPad、Android版登場で何が変わる? あなたがきっと知らない『Microsoft Office』の世界」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleのタブレット「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」(色はゴールド)を抽選でプレゼントします。


提携戦略1. SamsungとSAP

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。

news031.jpg

スマホのQRコード決済サービス、半数近くの人はキャンペーン終了後も「利用する」――ナイル調べ
キャンペーンに注目が集まるスマホのQRコード決済サービス。実際にはどの程度利用されて...