2015年01月21日 08時00分 公開
特集/連載

Apple×IBMの「iOS提携」は大吉か? 2015年のモバイル動向を占うモバイル専門家4人が2015年を予測

企業のモバイル活用を取り巻く大きな動きが相次いだ2014年。こうした動きは、2015年のモバイル活用にどのような影響をもたらすのか。専門家4人の見解から予測する。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 2014年は、企業のモバイル端末活用にとって大きな変化のある1年だった。デバイス管理、アプリケーション開発、モバイルベンダーの関心により、2015年にはさらなる変化が予想される。

 2014年初頭には衝撃的なニュースが飛び込んできた。それは、米VMwareが15億ドルもの費用を掛けてエンタープライズモバイル管理(EMM)ベンダーの米AirWatchを買収するというニュースだ。それ以降、モバイルに関する大規模な買収の頻度は緩やかに下降線をたどっている。ベンダーは、統合されたデバイス管理の機能の溝を埋めることとパートナーシップに集中している。

「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad Air 2

TechTargetジャパンは、2015年に企業が注目すべき最新技術の関連記事を集約したテーマサイト「はやる技術を先取りチェック 大胆予測、2015年に伸びる注目技術はこれだ」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPad Air 2 Wi-Fi 16GB」を抽選でプレゼントします。


Apple×IBMのタッグで変わる企業のモバイル活用

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...