2015年04月17日 08時00分 公開
特集/連載

今、銀行業界が最も恐れているのはGoogle、Amazon、Appleデジタル化を迫られる銀行

『The Economist』紙の姉妹企業が実施した調査から、銀行業界の課題が浮き彫りとなった。彼らは、GoogleやAmazon、Appleといったハイテク企業との競合を最も恐れているという。

[Karl Flinders,Computer Weekly]
Computer Weekly

 リテールバンク(個人や中小企業を顧客とする銀行)は、新しい業態の銀行やPayPalのような支払いプラットフォームよりも、ハイテク企業と競合することをより強く警戒している。

Computer Weekly日本語版 4月15日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月15日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 英国の経済専門新聞『The Economist』紙の姉妹企業、Economist Intelligence Unit(EIU)が実施した調査のリポートが公開された。同リポートは、既存のリテールバンクが米Googleや米Amazonなどのハイテク企業(参入)の脅威をかわすことができれば、その実績は銀行業界に大きな影響を広げるだろうと予測している。

 顧客の習慣を(時流に沿ったものに)変化させる一方でハイテク企業との競争の激化にも備えるために、世界中の主要銀行は今、事業の優先順位を以前とは大きく変えつつある。

 米Apple、Amazon、GoogleなどのIT業界の最大手企業がこぞって金融サービス業界に参入する動きを受けて、各銀行は今、現在のコンシューマーの行動に沿ったサービスを実装するデジタル戦略を最優先していると、調査リポートは指摘する。

 EIUのリポートでは、2016年にかけて銀行業界に今後大きな影響を与える要因を挙げている。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...