2015年04月17日 08時00分 公開
特集/連載

今、銀行業界が最も恐れているのはGoogle、Amazon、Appleデジタル化を迫られる銀行

『The Economist』紙の姉妹企業が実施した調査から、銀行業界の課題が浮き彫りとなった。彼らは、GoogleやAmazon、Appleといったハイテク企業との競合を最も恐れているという。

[Karl Flinders,Computer Weekly]
Computer Weekly

 リテールバンク(個人や中小企業を顧客とする銀行)は、新しい業態の銀行やPayPalのような支払いプラットフォームよりも、ハイテク企業と競合することをより強く警戒している。

Computer Weekly日本語版 4月15日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月15日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 英国の経済専門新聞『The Economist』紙の姉妹企業、Economist Intelligence Unit(EIU)が実施した調査のリポートが公開された。同リポートは、既存のリテールバンクが米Googleや米Amazonなどのハイテク企業(参入)の脅威をかわすことができれば、その実績は銀行業界に大きな影響を広げるだろうと予測している。

 顧客の習慣を(時流に沿ったものに)変化させる一方でハイテク企業との競争の激化にも備えるために、世界中の主要銀行は今、事業の優先順位を以前とは大きく変えつつある。

 米Apple、Amazon、GoogleなどのIT業界の最大手企業がこぞって金融サービス業界に参入する動きを受けて、各銀行は今、現在のコンシューマーの行動に沿ったサービスを実装するデジタル戦略を最優先していると、調査リポートは指摘する。

 EIUのリポートでは、2016年にかけて銀行業界に今後大きな影響を与える要因を挙げている。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...