2015年04月30日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ネットワークアクセス制御(NAC)の基礎知識【後編】怪しいデバイスをネットワークからはじき出す――NAC活用の肝は“連係”

エンドポイントのセキュリティを確保することによって社内ネットワークへのアクセスを制御するネットワークアクセス制御(NAC)。今回は他のセキュリティ製品との連係について考察する。

[Rob Shapland,TechTarget]
tt_yo_2015_0430.jpg シスコシステムズのNGFW製品「Cisco ASA with FirePOWER Services」《クリックで拡大》

 前回の記事(スマートフォンの“勝手接続”を止めさせるには?)では、ネットワークアクセス制御(NAC)の仕組みと役割について解説した。後編となる今回は、次世代ファイアウォール(NGFW)製品など他のセキュリティ製品との連係について述べていきたい。

 組織にとって、NAC製品が既存のセキュリティインフラとシームレスに統合されることはますます重要になっているからだ。

NAC統合の重要性

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...