2016年08月26日 12時00分 公開
特集/連載

Windows 10で使えるようになった「Bash」に攻撃を呼び込む可能性、回避するには?「Windows 10 Anniversary Update」の死角(1/2 ページ)

Windows 10に新しく搭載された、Linuxコマンドラインのネイティブバージョン「Bash on Ubuntu on Windows」は、新たな攻撃経路になり得るのか。専門家が解説する。

[Peter Loshin,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Linux | 脆弱性


画像 Bash on Ubuntu on WindowsでLinuxのコマンドラインユーティリティーを実行できるようになったが……《クリックで拡大》

 「Windows 10 Anniversary Update」では、新たなオプションとしてLinuxプログラムを実行するサブシステム「Windows Subsystem for Linux」(以下、WSL)を有効にできるようになった。だが、この機能は新たなリスクを呼び込みかねないと危惧する専門家もいる。

 WSLは、Linuxコマンドラインのパワーを認識している開発者のために存在する。WSLで利用できるシェルの「Bash on Ubuntu on Windows」(以下、Windows用Bash)では、Windows 10のユーザーであれば誰でもLinuxディストリビューション「Ubuntu」のコマンドラインユーティリティーを実行できる。ただしこれは、まだβ段階にある扱いで、セキュリティ問題も完全には把握できていない。

Windows 10はどれだけリスクにさらされるのか

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...