2016年08月26日 12時00分 公開
特集/連載

Windows 10で使えるようになった「Bash」に攻撃を呼び込む可能性、回避するには?「Windows 10 Anniversary Update」の死角(1/2 ページ)

Windows 10に新しく搭載された、Linuxコマンドラインのネイティブバージョン「Bash on Ubuntu on Windows」は、新たな攻撃経路になり得るのか。専門家が解説する。

[Peter Loshin,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Linux | 脆弱性


画像 Bash on Ubuntu on WindowsでLinuxのコマンドラインユーティリティーを実行できるようになったが……《クリックで拡大》

 「Windows 10 Anniversary Update」では、新たなオプションとしてLinuxプログラムを実行するサブシステム「Windows Subsystem for Linux」(以下、WSL)を有効にできるようになった。だが、この機能は新たなリスクを呼び込みかねないと危惧する専門家もいる。

 WSLは、Linuxコマンドラインのパワーを認識している開発者のために存在する。WSLで利用できるシェルの「Bash on Ubuntu on Windows」(以下、Windows用Bash)では、Windows 10のユーザーであれば誰でもLinuxディストリビューション「Ubuntu」のコマンドラインユーティリティーを実行できる。ただしこれは、まだβ段階にある扱いで、セキュリティ問題も完全には把握できていない。

Windows 10はどれだけリスクにさらされるのか

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。