2016年10月06日 15時00分 公開
特集/連載

クラウドのSLA設定に答えはあるのか? セキュリティ担当者が考えたい“必須項目”非専門家のためのヒント

最高情報セキュリティ責任者(CISO)がクラウドのサービスレベル契約(SLA)を策定する際に役に立つ幾つかのヒントを、セキュリティ情報の専門家が紹介する。

[Mike O. Villegas,TechTarget]
画像 PCI DSS Cloud Computing Guidelines《クリックで拡大》

 今でこそ当たり前となったクラウドだが、ほとんどの最高情報セキュリティ責任者(CISO)にとってクラウドは未知の領域だ。それでも、企業がクラウドサービスプロバイダーとの提携を決断すれば、CISOは企業のセキュリティ面を管理監督しなければならない。その場合、クラウドのサービスレベルアグリーメント(SLA)の作成や確認について企業が知っておくべきことは何だろうか。本稿では、クラウドの専門家ではないCISOがクラウドサービスやクラウドサービスセキュリティプロバイダーのSLAを策定するべき方法とクラウドプロバイダーとのSLAに組み込むべきものを紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...