2017年01月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドクラウドバースト製品導入時に検討すべきポイント

組織のワークロードをプライベートクラウドで運用し、適切な場面でパブリッククラウドにバーストすることにより、パブリッククラウド戦略をオンプレミスITに沿わせることができる。

[Marcus Austin,Computer Weekly]
Computer Weekly

 クラウドには幅広い形態や方式がある。プライベートクラウドの柔軟性は高いが、メンテナンスや設定のコストが高く、拡張性に限界がある。一方、パブリッククラウドは柔軟性と拡張性が限りなく高い半面、ファイアウォールの外にあることからセキュリティを確保できないと感じるIT責任者も多い。最後に来るのがハイブリッドクラウドだ。これはパブリッククラウドとプライベートクラウドの利点を全て併せ持ちながら、いずれの欠点も存在しない。

Computer Weekly日本語版 12月21日号無料ダウンロード

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 残念ながら、ハイブリッドクラウドのことはまだ誰も理解していない。実用における「ハイブリッドクラウド」は、パブリッククラウドを中心に構築された新しいアプリケーションと、プライベートクラウドに置く古いレガシーアプリケーションで構成される。ハイブリッドクラウドを真のハイブリッドとするために必要なのがクラウドバーストだ。

シームレスな移動

 クラウドバーストに対応したハイブリッドクラウドは、ワークロードを普段はプライベートクラウドで運用する。リソースを増やす必要が生じると、これをパブリッククラウドへシームレスに移行させる。従って、クラウドバーストはピーク時の需要パターンに対応するための優れた手段といえる。実例として、例えばクリスマスに需要が急増する電子商取引業者や、ニュースサイト、スポーツサイトのように一定の需要があり、例えばワールドカップやオリンピックなどの一大イベントがあると一気に需要が高まるケースが挙げられる。

 大規模なデータベースで分析を行う必要のある企業にとっても、クラウドバーストは有用なツールになり得る。月末の会計処理といった従来型のアプリケーションの需要は予想できるが、ほとんどの期間はサーバやストレージを休眠させておかなければならない。

 ただし需要のピークがあるアプリケーション全てがクラウドバーストに適しているわけではない。クラウドバーストは複雑なアプリケーションデリバリーインフラに依存しないアプリケーション、あるいは他のアプリケーションやオンプレミスにあるコンポーネント、システムとの統合に依存しないアプリケーションが最もうまく機能する。

クラウドバーストの障壁

 クラウドバーストが複雑でないアプリケーションに最も適している理由、そして多くのアプリケーションが依然としてパブリックまたはプライベートのいずれかにあって両方に混在していない理由は幾つもある。最大の障壁は、オンプレミスとクラウドプラットフォームの相互運用性の問題だ。

 「Microsoft Azure」「Amazon Web Services」(AWS)、GoogleおよびVMwareは互いに入れ替えることができず、今後も恐らく入れ替え可能にはならない。従ってバーストするアプリケーションはどんなものであれ、アプリを別のプラットフォームと通信させるために何らかの翻訳の要素を必要とする。Azureが市場でこれほど堅調な理由の1つは、同社がオンプレミスとの相互運用性に力を入れていること、同プラットフォームがLinuxとWindowsのワークロードに対応できることにある。このおかげでバースト可能な真のハイブリッドアプリケーション構築が容易になる。

 クラウドバーストのもう1つの大きな問題は、帯域幅とレイテンシに関係する。

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...