2017年03月13日 08時00分 公開
特集/連載

ハイパーコンバジドが実現する政治的、技術的革命Computer Weekly製品ガイド

ITコンポーネントを単一の中央管理型プラットフォームに集約する計画を立てているITリーダーのために、そのノウハウを解説する。

[Richard Fichera,Computer Weekly]

 ハイパーコンバージェンスは、単に処理能力やストレージおよびデータ保護リソースを標準化されたモジュール型ノードに集約するだけでは到底とどまらないインパクトを伴う。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 ハイパーコンバージド環境の真の威力は、デジタル製品の商品化にかかる期間を短縮しながら、拡張やプロビジョニング、管理業務を合理化できる点にある。ハイパーコンバージド環境では、デプロイされたシステムが演算やストレージ、ネットワーク、データ保護など複数のタスクを担う。つまり、そうした個々のタスクを専門的に担うIT要員の数は削減できる。これによってITプロフェッショナルを解放し、他の課題を担わせることが可能になる。

ハイパーコンバージェンスで変化するストレージ調達と管理の役割

 ハイパーコンバージド環境を採用する組織の多くは、プロプライエタリなストレージアレイを導入して管理と最適化のコストを費やすことなく、従来のようなストレージシステムの恩恵を追求しようとする。だがハイパーコンバージド環境を選択したITリーダーは、内部の保身的駆け引きに注意しなければならない。ストレージやサーバのエンジニアは、独立して調達の決定をすることに慣れている。だがハイパーコンバージド環境では、そうしたエンジニアがクラウドや仮想化の担当者に大きく依存しなければならなくなる。

 もしハイパーコンバージドの道を行くなら、やり方を変えなければならないことが幾つかある。

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...