TwitterやSpotifyがディープラーニング(深層学習)の活用で重視していることディープラーニングを本番環境へ導入する方法

ディープラーニング(深層学習)モデルを本番環境に導入して、ビジネスに良いインパクトを与えようとするなら、モデルの設計やテストのような基本事項に目を向けることが重要となる。

2017年08月14日 05時00分 公開
[Ed BurnsTechTarget]

関連キーワード

Twitter | Facebook | ビッグデータ | データ分析


 自動走行車、コンピュータビジョン、音声認識の開発にディープラーニング(深層学習)モデルを導入し成功を収めたという話をよく耳にする。だがディープラーニングを本番環境へ導入するときは、依然として分析の基本事項が問題になる。

 米国で開催された「Deep Learning Summit」のプレゼンテーションで、Twitterのエンジニアリングマネジャー、ニコラス・クンチャツキー氏は次のように語った。「ディープラーニングの導入時には、特徴の選択、モデルの簡素化、A/Bテストによるモデルへの変化など、分析での従来の考慮事項が重要になる」

 「メディアには取り上げられていないが、実際Twitterではディープラーニングが多くの価値が生み出している」(クンチャツキー氏)

Twitter操作の中心に位置するディープラーニング

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

AIを活用して広告クリエイティブの成果を予測 Macbee Planetが新モデルを開発
Macbee Planetは、AIを活用した広告クリエイティブの成果予測モデルを開発した。

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...