「Skygofree」の脅威――“これまでで最も強力”といわれるその盗聴力とはAndroidだけでなくWindowsも標的に

GoogleのOS「Android」を標的とする新たなスパイウェア「Skygofree」が見つかった。ユーザーを監視する最も強力なツールの1つとの声があり、「LINE」や「Facebook Messenger」の会話内容も盗めるという。

2018年02月04日 05時00分 公開
[Michael HellerTechTarget]
画像 Androidだけではなく、Windowsもターゲットに

 セキュリティの研究者が、GoogleのモバイルOS「Android」を標的とした「Skygofree」という新種のスパイウェアを発見した。このスパイウェアは長い時間をかけて開発されており、モバイルデバイスにおいて「これまでに例のない監視機能」を持つ。MicrosoftのOS「Windows」を標的とする亜種も登場している。

 セキュリティ企業のKaspersky Labでモバイルマルウェアアナリストを務めるニキータ・ブーチュカ氏と、セキュリティの専門家アレクセイ・ファーシュ氏がブログに投稿したエントリ(記事)によると、Skygofreeは2014年に開発されて以降「搭載機能が強化され、驚くべき新機能も実装されている」という。

 ブーチュカ氏とファーシュ氏の両氏は、Androidを標的とするこれまでのスパイウェアの中でも、「Skygofreeは最も強力なツールの1つだ」と分析している。Skygofreeは強力な機能を複数実装している。例えば、複数のソフトウェアやハードウェアの脆弱(ぜいじゃく)性を利用し、悪意を持った攻撃に使われる「エクスプロイト」というプログラムを使って、ルート(管理者)権限を取得できる。特定の場所にいるときに周辺の音声を録音する「サーベイランス機能」などを備えている。

 Skygofreeのプログラムなどを分析した結果から、ユーザー監視システムの開発を手掛けるHackingTeamのようなイタリアのIT企業がSkygofreeを開発しているのは「ほぼ間違いないと考えている」と、ブーチュカ氏、ファーシュ氏は主張する。

 両氏によると、悪意ある攻撃者はHTTP、XMPP、バイナリSMS、Firebase Cloud Messagingといったプロトコルやサービス(注1)を介してSkygofreeを操作し、コマンドを実行するという。そのコマンドによって、特定の場所にいるときに音声を録音し、他のアプリケーションからファイルを盗み、無線LAN接続機能を有効にして悪意のある無線LANに接続させ、デバイスのロック解除時にインカメラで動画や画像を撮影する。

※注1:各プロトコル、サービスの概要は以下の通り。いずれも通信に関連する。

  • HTTP:HTMLなどのコンテンツの送受信に用いられるプロトコル
  • XMPP:メッセージの送受信や通知に用いられるXML形式のプロトコル
  • バイナリSMS:バイナリファイルを送受信可能なショートメッセージサービス(SMS)。少量のパケットをネットワーク経由で送信
  • Firebase Cloud Messaging:アプリのプッシュ通知機能を実現するGoogleのサービス

 Skygofreeは、LINEの同名サービス、Facebookの「Facebook Messenger」、WhatsAppの「WhatsApp Messenger」、楽天の「Viber」などのメッセージングサービスのデータを標的とするようにプログラムされていた。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...