2018年02月04日 05時00分 公開
特集/連載

AndroidだけでなくWindowsも標的に「Skygofree」の脅威――“これまでで最も強力”といわれるその盗聴力とは

GoogleのOS「Android」を標的とする新たなスパイウェア「Skygofree」が見つかった。ユーザーを監視する最も強力なツールの1つとの声があり、「LINE」や「Facebook Messenger」の会話内容も盗めるという。

[Michael Heller,TechTarget]
画像 Androidだけではなく、Windowsもターゲットに

 セキュリティの研究者が、GoogleのモバイルOS「Android」を標的とした「Skygofree」という新種のスパイウェアを発見した。このスパイウェアは長い時間をかけて開発されており、モバイルデバイスにおいて「これまでに例のない監視機能」を持つ。MicrosoftのOS「Windows」を標的とする亜種も登場している。

 セキュリティ企業のKaspersky Labでモバイルマルウェアアナリストを務めるニキータ・ブーチュカ氏と、セキュリティの専門家アレクセイ・ファーシュ氏がブログに投稿したエントリ(記事)によると、Skygofreeは2014年に開発されて以降「搭載機能が強化され、驚くべき新機能も実装されている」という。

 ブーチュカ氏とファーシュ氏の両氏は、Androidを標的とするこれまでのスパイウェアの中でも、「Skygofreeは最も強力なツールの1つだ」と分析している。Skygofreeは強力な機能を複数実装している。例えば、複数のソフトウェアやハードウェアの脆弱(ぜいじゃく)性を利用し、悪意を持った攻撃に使われる「エクスプロイト」というプログラムを使って、ルート(管理者)権限を取得できる。特定の場所にいるときに周辺の音声を録音する「サーベイランス機能」などを備えている。

 Skygofreeのプログラムなどを分析した結果から、ユーザー監視システムの開発を手掛けるHackingTeamのようなイタリアのIT企業がSkygofreeを開発しているのは「ほぼ間違いないと考えている」と、ブーチュカ氏、ファーシュ氏は主張する。

 両氏によると、悪意ある攻撃者はHTTP、XMPP、バイナリSMS、Firebase Cloud Messagingといったプロトコルやサービス(注1)を介してSkygofreeを操作し、コマンドを実行するという。そのコマンドによって、特定の場所にいるときに音声を録音し、他のアプリケーションからファイルを盗み、無線LAN接続機能を有効にして悪意のある無線LANに接続させ、デバイスのロック解除時にインカメラで動画や画像を撮影する。

※注1:各プロトコル、サービスの概要は以下の通り。いずれも通信に関連する。

  • HTTP:HTMLなどのコンテンツの送受信に用いられるプロトコル
  • XMPP:メッセージの送受信や通知に用いられるXML形式のプロトコル
  • バイナリSMS:バイナリファイルを送受信可能なショートメッセージサービス(SMS)。少量のパケットをネットワーク経由で送信
  • Firebase Cloud Messaging:アプリのプッシュ通知機能を実現するGoogleのサービス

 Skygofreeは、LINEの同名サービス、Facebookの「Facebook Messenger」、WhatsAppの「WhatsApp Messenger」、楽天の「Viber」などのメッセージングサービスのデータを標的とするようにプログラムされていた。

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...