2018年02月06日 09時00分 公開
特集/連載

AMI(高度メーターインフラ)を活用スマートグリッド実現の鍵は無線通信、「IEEE 802.11s」が示す可能性 (2/2)

[Keith Teichmann,TechTarget]
前のページへ 1|2       

スマートグリッドへのIEEE 802.11sの影響

 スマートグリッド環境は、公益事業が全世界でつながりを拡大する素晴らしい機会を提供している。現在インターネットに接続しているのが、世界人口の50%にすぎないことを考えると、なおさらだろう。だが、スマートグリッドは、各種電気設備とアプリケーションをサポートするテクノロジーが必要だという課題を抱えている。ここで役に立つのがIEEE 802.11sだ。IEEE 802.11sを使用すると、グローバルな公益事業市場にコンバージェンスの原則を適用することが可能になる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

国内アフィリエイト市場、仮想通貨やロボアドバイザー関連商材の成長で金融分野が拡大――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所の調査によると2019年度の国内アフィリエイト市場規模は前年度比8.7%増で...

news040.jpg

アノニマスリードへの対応からインサイドセールスまで、MAツールを使った体制を構築――ONE COMPATH
20〜40代女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!」を運営す...

news125.jpg

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...