2018年02月08日 09時00分 公開
特集/連載

AI(人工知能)の意思決定はブラックボックス、それでも機械を信じる?われわれの向かう未来(2/2 ページ)

[George Spalding,TechTarget]
前のページへ 1|2       

機械学習のロジックは設計者にも理解できない

 問題は、そうした奇跡のような機械学習装置が実現したとして、それがどう機能するか、装置を開発したコンピュータ科学者自身にも分からないことだ。まさに、IT技術者なら大抵はおなじみのブラックボックスソフトウェア問題のようなものだ。機械がどうやって学習するのかも、どう意思を決定するのかも、何を提案するのかも分からない。そして機械の側も、私たちにそれを教えることはできない。

 「われわれはこれまで、製作者が理解できない方法で稼働する機械を開発したことはなかった。予測できない不可解なインテリジェントマシンとどうやってコミュニケーションを取り、うまく付き合っていけというのか」。作家のウィル・ナイト氏は最近、『MIT Technology Review』に寄せたブラックボックス問題に関する寄稿でそう記した。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。