2020年02月04日 05時00分 公開
特集/連載

「NTA」「NDR」とは? 巧妙な攻撃を防ぐ仕組みと使いこなし方「NTA」「NDR」で新手の脅威を防ぐ【後編】

近年のサイバー攻撃は長期化しており、検出が困難になっている。こうした脅威を検出するのに有効な「NTA」(Network Traffic Analysis)「NDR」(Network Detection and Response)システムとは何か。

[Kevin Tolly,TechTarget]

 巧妙化するサイバー攻撃の対策として「NTA」(Network Traffic Analysis)/「NDR」(Network Detection and Response)製品が台頭しつつある。これらのツールは、従来のセキュリティ製品とどのように異なるメカニズムで攻撃を検出しているのだろうか。

 NTA/NDR製品は、例えばIoT(モノのインターネット)デバイスを通じた攻撃を検出するために、まずIoTデバイスが送信元となる正規のトラフィックを収集する。時間の経過とともに蓄積するトラフィックは膨大になり、これを基に正常なトラフィックと未知のトラフィックを比較できるようになる。

 悪質なデバイスが「Low and Slow」(少しずつ時間をかけて実行される)方式の攻撃でデータ窃盗を試みると、NTA/NDR製品は異常なトラフィックパターンを検出。悪意ある挙動が発生している可能性があることを知らせるアラートを出す。

 一般にセキュリティ製品の利用においては、脅威の検出精度に注意する必要がある。具体的には「実際の攻撃を検出できたかどうか」「安全なトラフィックを誤って悪質なものと判定しなかったかどうか」といった点が重要だ。

NTA/NDR製品を使いこなすには

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...