2019年05月20日 05時00分 公開
特集/連載

画面を閉じても止められないWebブラウザ攻撃手法「MarioNet」の危険性開発者自らが語る

「MarioNet」というWebブラウザベースの攻撃を研究者が作り出した。HTML5のAPIを悪用したこの手法は、Webブラウザのタブを閉じた後でも攻撃者が標的のシステムを悪用し、botネットを作成できる。

[Michael Heller,TechTarget]

関連キーワード

HTML5 | API | ブラウザ | セキュリティ


画像

 HTML5のAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)を悪用する新しい攻撃手法「MarioNet」が研究者によって開発された。この手法では、ユーザーが感染したWebサイトを閉じた後、あるいは他のサイトに移動した後でも、攻撃者がWebブラウザを介してユーザーに攻撃できるという。

 ギリシャに拠点を置く研究者チームによると、MarioNetは悪意のあるWebサイトを介してシステムを侵害する。その影響はユーザーがWebブラウザのタブを閉じても持続する。「botネットを作成して攻撃の発生を連鎖させるために、攻撃者がMarioNetを使用する可能性がある」と、研究者チームは指摘する。

 MarioNetによる攻撃は、バックグラウンド処理のための「Service Worker」というHTML5のAPIを悪用する。研究者チームは論文「Master of Web Puppets: Abusing Web Browsers for Persistent and Stealthy Computation」(Webの操り人形師:永続的かつ不可視のコンピューティングを実現するWebブラウザの悪用)の中で以下のように述べている。

 Webブラウザはユーザーが操作しなくても勝手にService Workerを読み込む。それを仮想通貨マイニング、パスワードクラッキング、DDoS攻撃などの有害な操作にリソースを悪用するためのバックグラウンドプロセスとして使う

Service Workerは何をするのか

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...