2022年01月24日 08時15分 公開
特集/連載

「在宅勤務」が長期化しても安心できるセキュリティ対策とは?テレワークと長く付き合うためのセキュリティ対策【後編】

新型コロナウイルス感染症対策で従業員の在宅勤務を継続する企業には、在宅勤務特有の問題を考慮したセキュリティ対策が必要になる。どのような対策を講じればよいか解説しよう。

[Michael Cobb,TechTarget]

 在宅勤務などのテレワークに際したセキュリティ対策として新しい技術や手順、ポリシーを導入する場合、従業員のセキュリティトレーニングは不可欠だ。セキュリティベンダーESETが2017年に発表した労働者調査の結果では、回答者の30%以上が自社でセキュリティトレーニングを受けたことがないことが分かった。IT業界団体CompTIA(Computing Technology Industry Association)が2015年に発表した調査結果によると、何らかの形でセキュリティトレーニングを実施している企業は約半数しかなかった。認証ベンダーSpecops Softwareが2020年に発表した調査結果では、調査対象とした英国11業種の従業員のうち40%以上が、テレワーク開始後にセキュリティトレーニングを受けていないことが明らかになった。

安全な在宅勤務に必要なセキュリティ対策とは

 従業員にテレワーク時、特に在宅勤務時のセキュリティトレーニングを実施する場合、自宅で仕事をする場合特有のセキュリティ問題を網羅することが重要だ。在宅勤務にはホテルや客先、カフェで仕事をする場合とは別のセキュリティ問題がある。こうしたセキュリティ問題には以下の対策が有効だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...