ChatGPTを安全に使う方法 「生成AI」のリスクとは?特選プレミアムコンテンツガイド

日常生活だけではなく、ビジネスの世界でも利用が広がりつつある「ChatGPT」などの生成AIツール。セキュアに使うためには、生成AIのリスクを熟知する必要がある。どのようなリスクがあるのか。

2023年06月20日 03時30分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 人工知能(AI)技術ベンダーOpenAIのAIチャットbot「ChatGPT」、その対抗馬であるGoogleの「Bard」といった「ジェネレーティブAI」(生成AIテキストや画像などを自動生成するAI技術)ツールの利用が急速に拡大している。活用法を考える前に知る必要があるのが、生成AIのセキュリティに関する課題だ。

 ChatGPTは「まるで人のように賢い」と言われることがある。こうした賢さを持つ生成AIは、ビジネスや生活に役立つ一方、攻撃者にとってはサイバー攻撃の強力な武器になりかねない。活用に踏み切る前に、生成AIが生み出す新たな脅威を知って、対策を講じることが重要だ。そのためにはどうすればいいのか。本資料は、ChatGPTなどの生成AIのリスクを解説しながら、生成AIを安全に活用するためのヒントを探る。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

「ChatGPT」が引き起こすセキュリティの新たな課題

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...