JavaScriptの代わりでも後継でもない「TypeScript」の“真の役割”TechTargetジャパンエンジニア読本集

「JavaScript」と「TypeScript」は、Webアプリケーション開発に欠かせないコンピュータ言語だ。両者の共通点や違い、お互いに対する役割とは何か。

2023年11月09日 17時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 スクリプト(簡易プログラム)言語の「JavaScript」は、Webアプリケーションのフロントエンド(エンドユーザーの目に見える部分)からバックエンド(エンドユーザーの目に見えない部分)まで、さまざまな分野の開発を支えている。同様に活躍しているのが、Microsoftが開発を主導するオープンソースのプログラミング言語「TypeScript」だ。

 JavaScriptとTypeScriptは似た名前を持ち、共通する機能や仕組みを持つ。だがTypeScriptをJavaScriptの「代替言語」や「後継言語」と表現するのは適切ではないし、「JavaScriptを捨ててTypeScriptだけを使えばよい」という主張も正しくない。本資料は、JavaScriptとTypeScriptが生まれた背景や違い、それぞれの在り方を紹介する。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:JavaScriptとTypeScriptの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...