2009年08月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

エンタープライズRIA開発の最新動向 第4回アンケートに見る「RIAの認知度と導入状況」

「RIA」という言葉は、利用者にどれくらい認識されているのだろうか。今回は、RIAコンソーシアムのアンケート調査の結果から読み取れる「RIA開発の現状」について、調査を取りまとめた担当者に話を聞いた。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

RIAの認知度はどれくらいなの?

 これまで3回にわたり、RIA(Rich Internet Application)製品ベンダーや推進団体などの市場関係者に話を聞いてきた。現在、関連技術や製品が数多く登場し、普及促進活動やシステム開発の標準化などが進められている。

 実際、RIAはどれくらい利用者に認識されているのだろうか。

 RIA普及の推進団体「RIAコンソーシアム」(以下、RIAC)は2009年6月、Webアプリケーションの利用者を対象にしたアンケート調査「2009年3月 Webアプリケーションのビジネス利用調査」の結果を公開した。その中には、RIAおよび開発技術の認知度、導入予算といった項目が含まれている。

 今回は、調査を取りまとめたRIACの市場動向研究ワーキンググループ(以下、WG)の担当者に聞き、調査結果から読み取れるRIAの現状を紹介する。

調査概要およびその目的

 RIACはWebアプリケーションの利用状況を調査するアンケートを2007年3月に初めて実施した。その後、2007年9月、2008年2月にも実施しており、2009年2月の調査で4回目となる。

調査概要
調査名 Webアプリケーションのビジネス利用調査
調査時期 2009年2月
調査対象 業務でWebアプリケーションにかかわっているビジネスパーソン
サンプリング方法 10代および個人事業主を除いた、従業員50人以上の規模の全業種を対象
回答者数 700人
調査方法 インターネット上に設けたアンケートサイトでの自記式
設問数 全10カテゴリ 設問数30問(一部立場別による分岐あり)

 今回から対象人数を700人(前回までは510人)に増やした。回答者の属性は、一般のWebアプリケーション利用者が88.1%、Webアプリケーションの開発者が6.6%、Webアプリケーションの責任者が5.3%であった。

photo RIACの宇都宮氏

 すべての調査に携わり、第2回からはリーダーとして調査を取りまとめている、アイ・ティ・フロンティアのSIソリューション本部 Webソリューション部 主任プロジェクトマネージャー、宇都宮 綾子氏は、その調査の目的について「Webアプリケーションの利用状況やRIAの認知度および活用状況などを把握するため」と語る。

 宇都宮氏によると、RIA市場に関する調査は、ある企業が独自に行ったものはあっても、その結果を外部に公表することはほとんどないという。RIACではこの調査結果を踏まえ、WG内での意見交換を通して市場動向を予測し、RIAビジネスの促進活動に活用している。また、RIACの会員企業の中にはその情報を求めて、同団体に加入した企業もあるという。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

「GenieeSSP」がネイティブ広告向け配信APIの提供を開始
ジーニーは、同社のインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP...

news098.jpg

シナジーマーケティング、クラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加
シナジーマーケティングは同社のクラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加したと発...

news047.jpg

「Adobe Sensei」はマーケティングをどう変える? 「Adobe Experience Cloud」におけるAIの位置付け
マーケティング基盤からエクスペリエンス基盤へ。新たに誕生した「Adobe Experience Clou...